スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九鬼先生!『きっと、澄み渡る朝色よりも、』買ってきました!」

090724.jpg

去年、一昨年に引き続き、今年もpropellerの日(六or七月最終金曜)がやって参りました。
前回の日記から十数日間、購入したラノベやら新世紀エヴァンゲリオン(まさかの旧作)やらで時間を潰していたら、あら不思議、あっという間に本日、propeller新作『きっと、澄み渡る朝色よりも、』の発売日ですよ。
前作、前々作の燃えゲーとは趣向が異なる、清涼飲料水な雰囲気(意味不明)を漂わすパッケージに、「こいつが世に言う澄みゲーってやつか!」と結論付けた直後、予約特典のスティックポスターに論破される。
特にテレカの絵柄がギリアウトな気がするけれど、なあに問題は無い。解像度的な意味で。

さぁて、早速おれのひよにハァハァすべくインストールだ!
なに? 大学の期末考査やレポート?知ったことか!


ついでにpropeller関連ってことで、mixiに載せた『ケモノガリ』の感想をコピペしとこう。

1226591977_20.jpg

杉井光氏の『神様のメモ帳(4)』を読んだ後、返す刀で紐解いたわけですが、
メモ帳の胸に燻る淡い感動もプロローグの陰惨シーンで吹っ飛びましたの巻。
直前まで任侠の友情を噛み締めていたのに、数分後には女子高生のトロフィー!
このギャップがあるから立て続けにラノベを読むのはヤメラレナイ!(半べそで)

「≪修学旅行の目玉企画はハンティングゲーム、ただし狩られる側≫みたいなっ!」

駄目だった! 西尾維新キャラ風にあらすじを言っても駄目だった!
だって高校のヨーロッパ修学旅行で拉致されて虐殺される話だもの! ハートフルボッコだよ!
誘拐されて理不尽な状況に放り出されると言えば、先に感想を書いた『シークレットゲーム』が記憶に新しいけれども、今回は一方的に殺されるだけのルールなので、狩られる側の主人公たちにはゲームでも何でもない――じゃあどうすんのよって話ですが、そこで主人公の赤神くんの出番なわけです。

「≪平凡な男子高校生の自分に驚愕の才能、ただし殺戮≫みたいなっ!」

駄目だった! かわいく主人公特性を言っても駄目だった! でも自分は中二病だいすきだからさ!
東出祐一郎氏の作品は、『あやかしびと』『BulletButlers』と基本的に主人公がめりっさ強いのだけれど、今回は群を抜いてチートじみた能力を見せ付けてくれる赤神くん。才能すげぇ。末裔たる者もびっくりだぜ。しかし奈須きのこ氏は大興奮してるぜ。どんなに絶望的な状況でも、才能があれば勝てるよ!(AA略)
1巻完結なので、2時間映画の感覚で好きな人、及び奈須きのこ氏曰く、スティーブン・キング分とB級映画分と中二病分を摂取したい方はどうぞ。東出さん、本業の方の新作もマダー? ナイスミドル分が不足しとる!
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。