スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 輝光翼戦記 天空のユミナ


「あんたにとっては0点でも、あたしにとっては自分の全て!
 だからこれを賭けて、あたしは…………あたし達は、戦うっ!!!」


あ……ありのまま92時間プレイして起こった事を話すぜ!
『留年を回避するために星徒会長選挙に出馬したと思ったら、
 いつのまにか宇宙の存亡をかけて巨大ロボットで戦っていた!』

学園モノだとかSFだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。


・輝光翼戦記 天空のユミナ
http://www.eternal-will.jp/top/index.html

2009年初プレイのPCゲーム(同人除く)として、『この青空に約束を――』『永遠のアセリア』のシナリオライターさんと、『CROSS†CHANNEL』の絵師さんにホイホイ釣られて選んだ『輝光翼戦記 天空のユミナ』でしたが、「まあ、ゲーム性が不完全燃焼だった闘神都市?の半代理かな(笑)」というふざけた幻想をぶち壊す作品でした。早くも今年のトップ5に入るであろうことが確定した気がします。これだからこの業界は困る。

【シナリオ】 A
そんな『輝光翼戦記 天空のユミナ』のジャンルは「超銀河級・総選挙RPG」で、宣伝文句は「剣と魔法で戦う壮大な選挙バトルRPG!」。既にジャンルと煽り文から超展開の匂いが仄かに漂います。くんかくんか!

パッパラパーな頭の出来から留年が確定したヒロイン・翠下弓那は、その理不尽な処遇(誰が見ても自業自得だが、本人には切実)を撤回させるために主人公・朱島歩武と奔走を始める。そこへ現れた謎のチビっこ先輩・黒河雲母の「星徒会トーナメントを勝ち抜け。進級条件など、星徒会長になって変えてしまえばいい。」という甘言にホイホイ釣られて、学園で絶対的な権限を持つ “星徒会長”を目指すべく、星徒会選挙 “星徒会大戦”に挑む――という青春学園モノ(←壮絶な嘘)。

選挙戦は提示された議題に沿った論説により行われますが、実際に繰り広げられているのは何故か武器や魔法を容赦なく振り回し相手を完膚なきまでに叩きのめすガチンコバトル。「おい、論説しろよ。」と最近の遊○王も大絶賛です。

そして気がついたら宇宙で人類の敵と戦うことになります。

何を言ってるか理解できない人は、「天元突破グレンラガン」を連想して下さい。
むしろグレンラガンが大好きな人なら幸せになれるような超展開ストーリーです。

シナリオは1~5章の学園編(共通ルート)と6~8章の宇宙編(個別ルート三本)、及び全個別ルートと全難易度によるミッションを制覇した後に出現する完結編の三部構成。平均プレイ時間は90~100時間。

プレイ時間おかしいだろ。


【キャラクター】 A+

個性豊かなキャラクター達が東奔西走して織り成す銀河級ドタバタストーリーということで、文句なしのA+。
特に論説部のメンバーは「性格はちょっとアレだが、顔はいいよな!」って子安が言ってた!
一見キャラ多そうに見えるけれど、章ごとに登場するから意外と分かりやすいです。

・論説部
歩武(ツッコミ)・弓那(弄られ役)・雲母(弄り役)・藍(ボケ)の四人。説明終了。
本編よりも公式HPでの連載企画「神撫ジャーナル(論説部によるフルボイス選挙番組)」で弾け飛んで暴走しているため、「え、論説部? お笑い漫才部じゃないの?」と勘違いされがち。ひょっとしたら勘違いではないかもしれない。ちなみに、ストーリー後半ではしっかりとシリアス展開になるから一安心です。

・学園編
主に歩武と弓那のクラスメイトである灯(微腹黒)と直人(腹黒)の二人と、星徒会大戦で論説する対戦相手である麻衣乃(眼鏡)、黎(シスコン馬鹿)、月夜(天然巫女)、陽子(ツンデレ巫女)、那由他(高飛車ツンデレ)の五人。基本的に腹黒と直情馬鹿とツンデレしかいない親切設計(何が?)ですが、宇宙編では出番無いです。
ところで、那由他さんの声が、先日のテイルズオブハーツで聴いた覚えがあるのは気のせいですね。

・宇宙編
主に戦艦ゼーレルムの搭乗員。艦長イゼル、ジーダ(愛称:子安)、ファルアーの三人。
特に二人目の方は、ガ○ダムSEEDのムウさんを好青年にした感じで、久々に綺麗な子安。
他は銀河連邦の重鎮、ガレオーン。アルゴダ星の支配者のリシェインと、部下であるディーレ。そして黒幕の野原ヒロシ。8割がツンデレで、ラスボスは天元突破グレンラガンに出てくるような壮大過ぎるスケールな概念。プレイ開始時、誰がこの展開を予想できたというのか。まさにグレンラガン…!

・オーダクル
ファンタジー世界。ロリ王女ユプシラと、ロリ従者ベリダディア、そして執事のグヌマイオ。
ユプシラはともかく、どうしてベリダディアに濡れ場がないのか理解に苦しみます。(黙れ)
あれ、このゲーム、腹黒じゃない良い子ってベリダディアしかいなくね……?


【システム】 S
ジャンルが(一応)RPGなのだから、当然ながら最重要となるのはシステム。
パッと見がスパロボのような戦闘と、ダンジョン探索によるレベル上げ、スキルやアビリティを駆使したキャラ育成など、RPGゲーマーであるミトスさんとしては大満足のクオリティ。欠点は、その戦闘システムから一度の戦闘に時間を要することや、アイテムの機能面がやや乏しい。アイテム整理が、面倒ッ。それ以外は概ね満足。作業ゲー大好きです。戦闘中に弓那が歌い出すのが一番のツボ。これは中毒になる。

難易度は初回がノーマル、条件を満たすことでハード、スーパーハードを選択可能。
完結編に進むためには全難易度を制覇する必要があるので、最低でも三周かかります。
ステータスやアイテムは引継ぎ可能なのでハード以降もノーマルの延長戦といった程度。

他に特筆すべき点は一周後に出現するCGギャラリー。全CGに対して論説部メンバーによるショートコントなコメントが付いているので、新しいCGを見る度に楽しみが増えました。これは面白いシステム。

ややスペックを要しますが、全体的に高クオリティなシステムでした。
自分のPCだと32bitで画面表示するとビデオメモリ不足で強制終了/(^o^)\


【総評】 A+
ゲーム性を期待していた『闘神都市?』が想像より普通だったため、半代理という形でプレイし始めた『輝光翼戦記 天空のユミナ』でしたが、予想を良い意味で裏切って面白かったので得した気分に。ただしその代償は92時間というプレイ時間。RPGとしてはともかく、エロゲとしてこのプレイ時間は許されるべきか否かは論説する議題になりそうですね(ぇー)。

ゲーム性が高い良作をプレイしたい方、長時間かけてクリアする廃人ゲーが好きな方、
及び天元突破グレンラガンのような超展開を許せる方にはオススメの一品です。

ところで、これって、まさか続編が…………いや、何でもないです。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。