スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 Electro Arms -Realize Digital Dimension-


 「来いよ、零示くん、こっちはEAに懸けてるんだ。引き返せるほど安い思いじゃないんだよ」
 「利権も何も知った事か、今後の立て直しなど犬にでも食わせればいい」
 「今なんだ、この刹那なんだよ、大事なものは」
 「ゲームにかかずらうなんて元来一瞬の快楽のためだろう? ああ言おう、現実なんか糞喰らえだと」
 「さあ、きみも見せてみろ、虚飾を排したその本音を――」



男同士の濃厚な友情ホ モ ・ ソ ー シ ャ ルが足りない――!(虚飾を排した本音)

本作の“主人公に思い焦がれる男性(タフガイ)”立候補者であったエヴァンさんは奮闘しましたが惜しくも当選を逃してしまい、ヴァー何とかのアイザックさん、ゼロ何とかの礼さんといった濃厚なラインナップに名を連ねられる逸材が輩出されなかったことは真に遺憾であります。忍ルートのエヴァンさん、決して悪くはなかったものの、先人に比べると執念が、憧憬が足りなかった。ホモソーシャルをリアライズできなかった。しかし、それも仕方のないことで、我らが洋食屋さんの(以下略)昏式社長が宣誓していた法理である、「今回は壮大な謎や強敵とのバトルよりも、各ヒロインを中心にした物語であることの充実感を目指した」からこその結果と言えましょう。グランドルートを廃し、シナリオの犠牲になるヒロインを無くした副作用として、従来の構成ならばより輝けたであろうエヴァンさんがマイナスを一身に引き受けることになったと言えましょう。そう、エヴァンさんは犠牲になったのだ…ゲームマスターの限定解除、コンセプトの犠牲にな…。ああ、それでも、だとしても、自分は高らかに声を上げよう。システムに存在しないならば、自らの脳内に創り上げよう。"Code"♂――《ホモ・ソーシャル》リアライズ!

……。
…………。
どうしよう、前書きで言いたいことを全てリアライズしてしまった(どうしようもない出オチ感)。

・Electro Arms -Realize Digital Dimension-
http://www.light.gr.jp/light/products/electro-arms/


【シナリオ】 B+
 「全力を出せるってのはいいことだ。望んだ通りの戦場に巡り合える機会なんて人生そうあるもんじゃないものなァ。幸せなんだぜ、俺たちは」

とはエヴァンさんの主張ですが、前作のイヴァンさんも同じこと言ってましたよね。
やっぱりアレかな? 名前が似てると考え方も似通っちゃうのかな?(関係無いです)

さて、ヴァー何とかゼロ何とかに続く、チームVermilionの新作である本品は、師曰く、「チームVermilion3作目にして初めて現代日本が舞台、登場人物全員が生身の人間という画期的な作品(←なわけがない)」です。吸血鬼や改造人間は出てこないギロッポンのパンピー物語です(一部、薬物投与等の近代化改修により生身の人間にカテゴライズしてよいのか疑念の余地があるMaejouがいた気もしますが最終的に解体もとい解消されるので本件はクローズ)。やや評価低めなのは、Electro Arms(EA)という半デジタルなゲームにおいて非殺傷なリアルバトルを繰り広げるという世界観なため、ピンからキリまでタマのやり取りがあった従来の作品に比べると緊張感に欠ける嫌いがあるかなと。途中から「安全な娯楽と思っていたらデスゲームになっちゃった☆(てへぺろォ!)」的な王道が展開されつつも、前述したコンセプトの件もあり、少々チュウ・ニ・バトル面が中途半端になってしまっている感は否めません。端的に言うと、もっとハッチャケても良かったのよ、と。主人公が良キャラなだけに惜しい。とはいえ、レオナとの果たし愛は厨二ラブで素晴らしかったです。レオナが男だったら完璧でしたがネ!(それは既に前作で通った道です)


【キャラクター】 A-
ルネッサンス山田劇場。

凄いぞ――本気のルネッサンス山田さんは。舐めてくれるな少年少女。
もう片方の厨二ラインにいる高名な似たようなルネッサンス山田チンピラを彷彿させる零示くんですが、主人公なだけあって出番とセリフ量が段違いです。すごい、フルボイスのチンピラしゅごい。俺TUEEEなチンピラだいしゅき。バルドスカイゼロといい、今年は優秀なチンピラ主人公が誕生しているので、ぼくまんぞく。

そして、本作のタフガイ枠については前書きで言及したので、オッサン枠の若社長。裏で糸を操るインボウ黒幕かと思いきや、その実、ただのゲーマーでした(子供の頃の熱いパトスを忘れていないオッサンは大好きです)。お涙頂戴的なエピソードはありませんでしたが、この人もグランドルートがあればより活躍できたのかなあ。レオナルートでEAがブッ壊された時、FXで有り金全部溶かした人の顔になってたかと思うとシュールで笑えるので、是非ともカットせずに見せて欲しかった……!(ゲス顔)

あと、ブリューナクのアレゲ兄妹とか、サムラーイさんね。後者はどうしてあんな喋り方になっちゃったんでしょうね。忍と腹を割って話している時は普通なのにね。厨二の素質がありますね、彼には。せっかくのMMO的な世界観なので、色んなクランに所属するルートがあると面白かったかもしれませんが、零示くんがあんな性格なので、まあ、難しそうですね。ううむ残念。

え、ヒロイン?
んー。んんんんー。
ジブン、厨二ゲーにオンナは求めてないんすよ(エロゲマイスターにあるまじき発言)。


【システム】 A
ヴァー何とか以来の帰ってきた吹き出し演出。イイヨイイヨー。
今回は3D立ち絵を導入など、中々に攻めの姿勢が見受けられました。揺れるおっぱい。
ただ、ちょっとエフェクトに頼り過ぎかな? とは思いましたが。MMOなゲームなので仕方ないか。
個人的には必殺技名の表記は英語にして欲しかったですね!オサレな感じに!


【総評】 A-
待てよ……行くんじゃない……なんだよそれ気持ち悪い。
チームVermillionなのにホモらないとか意味わからない事するなよ……。
ふざけるな……やっとやっと見つけたんだぞ……?
戻ってこい開発陣ッ!ホモソーシャルをやるぞォッ!俺の同族ッ!
くだらない世間の目なんか捨てて――こっちへ来いよォッ!

などと意味不明な供述をしており、Igelでは精神鑑定も含め動機の解明にあたる方針です。総評としては、「――ああクソ、なんて現実(クソゲー)」と弾丸で自らの脳漿をぶち撒けたい気分ですが、それは自分が互いの足らない部分を補い合うような男同士が、相手に理想を投影しながら、同時に妬み、避けられない激突を繰り広げるといった最高点(シチュエーション)を求めていたからであって、一般的な厨二バトルものとしては決してクソゲーではございません。うん、エヴァンさんは間が悪かった。君自身は何も悪くない。強いていうなら零示が悪い(オイコラ待てや)。相も変わらず、チームVermillionはコンスタンスに厨二作品を提供してくれるので、次回作も期待しております。そろそろ登場人物の男女比率が逆転してもいいのよ(はぁと)。

余談ですが、EAの根幹をなす新種物質が日本近海から見つかったことや、"Code"Ωという単語から、前作のジュンルートで海に沈んだ第零式永久機関(オリジナル・クロノ・サーキット)が絡んでいるのかと妄想を膨らませましたが、特にそんなことはありませんでした。そんなプレイヤーは僕だけかな零示くん(貴方だけです)。
スポンサーサイト

comments

はじめまして

ふらっと立ち寄らせて頂きました。 とても濃厚で味のあるレビューですね・・・。
私もいろいろレビュー書いたりしたいのですが、どうにも文章力がggg
個人的には世界最強の夫婦喧嘩(というか惚気?)が見ていてニヨニヨ胸熱でした。
全くEA関係ないですが私は『なるかな』の絶たんが好物です。
あと、褐肌白髪の弓使いの背中で御飯3杯は行けます(キリッ

No title

どうもどうも。
お見苦しい駄文で申し訳ない限りです。

ここで絶たんの名が出るとは予想外でした。
永遠神剣シリーズも最新作が出ればいいナア!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。