スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 レミニセンス


 「私が本当の世界を見たいと言ったら、ひーくんはどうしますか?」


 第1部 暁の護衛
 第2部 暁の護衛~プリンシパルたちの休日~
 第3部 暁の護衛~罪深き終末論~
 第4部 レミニセンス ←NEW!
 第5部 ?????? ←NEXT!

知ってた。
知ってた…(震え声)。

・レミニセンス
http://www.tigresoft.com/reminiscence/


【シナリオ】 A+
偉い人の権力(コネ)で誰もが憧れる特務官へとクラスチェンジした落ちこぼれ臨時教師・島津秀隆が、同僚からは疎まれつつも、天性の才能と持ち前の行動力により、次々と難題プロジェクトを解決していくサクセスストーリー。

 「まるで……本物の空みたいですね……」

過去から来訪した少女。

 「偶然は必然とも言うしね、僕は臆病な人間だから気を緩めないよ」

立ち塞がるライバル。

 「本当は知ってるんじゃないのか? 冷凍保存されていた地上時代の生き残りがいることを」

手に汗握る駆け引き。

 「姉さん……」

死へと誘う姉の幻影。

 「目の前に敵が居るんだ。さっさと殺しに来い」

馬鹿みたいに強い前作主人公。

 「次は―――次こそは、ドリームタウンのために……」

闇で蠢動する陰謀。

 「地位やプライドも大切ですが、最も尊く大切なものはお金です」

そして、憧憬し、信頼していた人の裏切り……。

 「オレは仲間や家族を失うつもりもないが、恋人を失う気持ちも毛頭ない」

果たして、地上と地下の境界線の先に彼が見るモノとは――。


【シナリオ】 B+
レミニセンス、未完!

知ってた。
知ってたわ!

個別ルートに入った途端に真面目に仕事しなくなる秀隆さんと、終盤になるにつれて増えていく誤字・脱字とシナリオの不整合から「あ、これ、やっぱ暁の護衛とおんなじパターンや」と嫌な予感を抱いたというか確信してしまったユーザは自分だけではないはず。ああ、知っていたさ。マスターアップ報告がギリギリだった時点で薄々と……いや、かなりの高確率で投げっぱなしジャーマンENDになるであろうことを、前作経験者はあらかじめ予測していました。キズナ・ユウキ・恭一の記憶と地上で起きた事件、姉の幻影の真実、秀隆を刺した犯人、立花姉妹との確執、高坂特務官や敵に回った竹内特務官との戦い、大河内代表のホープタウン崩しはどうなったのか。あ、次回作ですか、わかります。ふふふ、ふははははは!(泣き笑い)

共通ルートは間違いなく評価A+です、ハイ。
くっそ、くっそ……。

でも、秋ルートは嫌いじゃないんだなこれが(ツンデレ)。


【キャラクター】 A+
 「これがじゅうさ……」
 「若い女の子の肌と言うやつです」


まったく、初潮前ロリは最高だぜ!(さすがの自分もドン引きですよ!)
本音が建前に完全勝利を飾る程度にはキズナを気に入っている自分が好きです。
認めたくないものだな……自分自身の、ロリコン故の過ちというものを……。
相変わらずキャラ同士のコメディな掛け合いはハイクオリティでありました。笑った笑った。
……もう最初からキャラゲーとして見れば万歳三唱、絶賛の嵐なんじゃないかな(遠い目)。
あと、かーくんな。ひーくんTUEEEEかと思ったらかーくんTUEEEEだったでござるの巻な。
もうあれな。この際、突き進んでしまえばいいんじゃないかな。ひーくんのアナルを。


【システム】 A-
終末論に続き、榊原ゆいさんの主題歌は厨二感満載で素晴らしいの一言。
恒例のADVならではの選択肢やロード機能を使ったお遊びも健在で笑いました。
しかし、次の選択肢までジャンプ機能がなかったのはいただけない。スキップ、長いよ…!


【総評】 A-
ユーザ「あっ! ここ、暁の護衛シリーズで出たところだ!」

まさにレミニセンス! そうだ、俺が、俺達が、レミニセンスだ!!(HU・ZA・KE・RU・NA☆)
などと意味不明な供述を繰り返しており、警察では精神鑑定も含め動機の解明にあたる方針です。

――冗談半分はさておき、本作で完結とは到底思えないため、総評も何もないのが実情です。前述の通り、共通ルートは久方振りのワクワクを思い出せた程に自分の中では高評価だったこともあり、今後の展開には期待しております。まだ姉さん生存フラグや、元カノルートが残ってるのでどうとでもなるよね! この際、暁の護衛シリーズみたいに新ヒロイン出してもいいしね! ああ、第5部、待ち遠しいナァ!

終末論みたいなことにだけはならんといてくださいよ!(必死)
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。