スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【すちぱん!】 第12回 『黄雷のガクトゥーン』


                        「いつの日か」
                   「お前もこの輝きを見るだろう」
                        「その時まで」
                    「待て、しかして希望せよ」



スチームパンクシリーズも第6作目ということで、そろそろ《三博士》の最後の一人ことヴァイスハウプト卿の出番が雷鳴と共にやってくる頃合いだろうと睨みつつ、しかし《白銀王》ワーグナーや《黄金王》ローゼンクロイツも本編未登場なので彼らのお披露目が先かもしれないという懸念を抱いていたところ、やはりヴァイスハウプト卿にとって都合の悪い予想は当たるものでドン・ピシャリ。そもそも何故に自分はそこまでヴァイスハウプト卿に拘っているのか理由不明であることから何者かに誘導暗示を仕掛けられた可能性がある。つづく(次回作に)。


【シナリオ】 A
 「絶望の空に、我が名を呼ぶがいい。」
 「――雷鳴と共に。私は、来よう。」


キャーテスラサーン! ――学園都市で赤子の手を捻るように相手をボッコボコにする白い男を見かけたら、それはまぎれもなくヤツさ。敵を全く寄せ付けない圧倒的性能を誇る本シリーズ男主人公(※ただしカルベルティを除く)の例に漏れず、テスラさんも学園都市においては完全にバランスブレイカーな強キャラと化しており、学生相手だと殺さないように手加減、いわゆる舐めプ(バリツ式)をする始末。統治会メンバーが次々とテスラさんの再教育(テスラ式)を受ける中、統治会の実質トップとして黒幕臭を漂わせていたライヒさんでさえ圧倒的優位な状況でありながらも一撃で下されてしまいました。やだマスター馬鹿みたいに強い。だがそれがいい。また、隠れ強キャラとして注目されていたナイチンゲールさんとのタイトルマッチは残念ながら実現されませんでした。余談ですが、彼女が「黒の王の影を借りて。来たれ、我が光、我がかたち。」と某A氏みたいな台詞を言い始めたときにテンションが上がったのは自分だけではないはず。前作ネタを見かけてニヤリとできるのがシリーズ物の醍醐味と言えましょう。

閑話休題。そのように(フラタニティの某速度さんを筆頭として)統治会連中は噛ませ役ばかりだったものの、学園都市を裏から操る真の黒幕こと《黄金王》ローゼンクロイツ卿はさすがの一語。《結社》を統べる魔人の名に違わぬチートっぷりを発揮してくれました。……が、最後はネオンさんの愛いわゆるラブで完全復活を遂げたテスラさんの秘奥義であえなく敗退。愛なら仕方ない。おっぱいの力は偉大でした。OPPA in LOVE!!

……しかし、《黄金王》、《大数式》(二代目)、薔薇なりし十字の王、支配の黄金たりし薔薇十字etcと、無駄に偉そうな異名が多いローゼンクロイツ卿。ヴァルーシアやソナーニルで名前だけ登場しており、現状の《結社》の最高幹部の中でも最高位と思わしき彼ですが、マクレガーさんの「あんたが帰還すれば《結社》も潰れかねないって話は、本当らしい。」という物言いから、本体は基底現実にはいらっしゃらない? 今回は世界の外(≒《鐘》)から戻ろうとしたところをテスラさんに妨害された結果になるのでしょうか。未だに謎の多い御方ですが、とりあえず言えることはひとつ――頑張れヴァイスハウプト卿!(次回作以降)

今作は一風変わって、正義の味方ことテスラさんの勧善懲悪モノ(純粋な悪は《黄金王》程度ですが)であり、特に頭を悩ませることもなく、すんなりと理解し易かったです(比較対象が前作のエジソン卿に関する事象であるのは言うまでもない)。


【キャラクター】 A
それは、支配をかたちとしたものだ。
こうして眼前に在るだけで、ただ双丘を空に向けるだけで、歓喜を喚ぶものだ。
その名は、黄金。その名は、巨大なりし乳房の王。
我が黄金の輝きに勝るもの!あるものかよ、テスラ!
(訳 ネオンもソロリティの御三方も素晴らしいおっぱいでした。)


【システム】 A
前作同様。特筆すべき点はなし。


【総評】 A
 「後悔はしないな。」
 「うん。」
 「諦めないよな。」
 「うん。」
 「立ち止まるなよ。」
 「うん。」
 「なら、行け。走れ。行ってあのひとを引っ張ってこい。」
 「……うん。行ってくる。」

桜井卿が描く信頼と実績のスチームパンクシリーズ、各作品の最終章。これまでのヒロインたちのように、大勢の人々に助けられながら、決意を秘めたネオンさんが走る、走る、黄金螺旋階段を駆け登る。主題歌のインストアレンジ(曲名:希望の道、きみと)がまた良い味を出しており、例に漏れず素晴らしいの一語。もはや最終章まで辿り着いたら改めて姿勢を正して読み進めるのが恒例です。……いや、うん、正直な話、マクレガーさんは極悪人のド外道だと思ってました。別にそんなことはなかった。申し訳ない。いい男やないか…。

セレナリア(カダス)、インガノック(カダス)、シャルノス(西亨)、ヴァルーシア(カダス)、ソナーニル(西亨)、そして今作のガクトゥーン(西亨)と、作中舞台がカダス3西亨3と釣り合いが取れた上、設定として存在していた《結社》の幹部や関係者など登場人物も揃いつつあり、今後の展開から目が離せないスチームパンクシリーズ。第何作で終わるのか定かではありませんが、次回作も期待しております。そろそろヴァイスハウプト卿が本気を出すとき――!




・【すちぱん!】 第1回 『白光のヴァルーシア』11月20日発売!
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-59.html
・【すちぱん!】 第2回 『蒼天のセレナリア』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-60.html
・【すちぱん!】 第3回 『赫炎のインガノック』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-65.html
・【すちぱん!】 第4回 『漆黒のシャルノス』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-66.html
・【すちぱん!】 第5回 『白光のヴァルーシア』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-69.html
・【すちぱん!】 第6回 『紫影のソナーニル』11月26日発売!
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-128.html
・【すちぱん!】 第7回 『紫影のソナーニル』店舗特典まとめ
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-129.html
・【すちぱん!】 第8回 『紫影のソナーニル』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-133.html
・【すちぱん!】 第9回 『大機関BOX』
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-182.html
・【すちぱん!】 第10回 『黄雷のガクトゥーン』12月21日発売!
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-220.html
・【すちぱん!】 第11回 『黄雷のガクトゥーン』体験版
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-221.html



・ライアーソフト第32弾『黄雷のガクトゥーン』
http://www.liar.co.jp/guac_top.html
・ライアーソフト第28弾『紫影のソナーニル』
http://www.liar.co.jp/28th_top.html
・ライアーソフト第26弾『白光のヴァルーシア』
http://www.liar.co.jp/val_top.html
・ライアーソフト第24弾『漆黒のシャルノス』
http://www.liar.co.jp/sharnothtop.html
・ライアーソフト第21弾『赫炎のインガノック』
http://www.liar.co.jp/inganock.html
・ライアーソフト第17弾『蒼天のセレナリア』
http://www.liar.co.jp/celetop.html
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。