スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 探偵オペラ ミルキィホームズ2(PSP)


 「こんな力があるから、みんな不幸になるんだ…」
 「こんな力…この世界から消えてしまえばいい!」
 「トイズなんて、消えてなくなればいいんだっ!!」



全国70億のミルキアン待望、2010年12月に発売されたPSP『探偵オペラ ミルキィホームズ』の正統たる続編が満を持しての登場――さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい、探偵オペラ改め、厨二オペラ ミルキィホームズの開幕だ! 極めて高純度な狂気を孕んだミルキィパンデミック(ただではすまぬ)発生後の潤沢な予算を以って開発されただけあり、前作の実に1.5倍以上のシナリオ量を有するという本作には弥が上にも期待が高まろうというものです。なお、この作品はシリアスであり、実在するアニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』及びアニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』等のマジキチとは一切関係ありません。

・探偵オペラ ミルキィホームズ2
http://milky-holmes-game.com/2nd/


【シナリオ】 A
 「トイズは…! 私たちの持つこの力は…! 私たちだけが持つ奇跡…!」
 「人を不幸にする力なんかじゃ…ないんですからっ!!」


最終話において流出する厨二世界(ラードではない)に全俺が震えた。シナリオ担当が子安秀明さんから『おおかみかくし』などを手がけた山根直樹さんらに変更と聞いて、どのようなミルキィホームズが爆誕するのかと期待アンド不安が鬩ぎ合っていましたが、なるほど、そうきましたか、そうきてしまいましたか(すげぇ嬉しそうに)。前作の怪盗Lさんは「探偵と怪盗とはかくあるべき」という自分なりの美学から犯行に及んだ狂った怪盗(※ショタ疑惑あり)でしたが、今作の敵役のお二人は、方やトイズの存在しない新しい世界を創造せんとする復讐鬼(※厨二病)、方や他人からの愛に飢えたコンプレックスの塊であるエゴイスト(※メンヘラ)という、こいつら探偵とか怪盗とか内心では全く興味ないだろう的な方々でございます。――なるほど、確かに。今作の最終話が人を選びまくるのは間違いないだろう。厨二病とメンヘラの狂気、これは重要なファクターであり、証明へのファクトです。

そして、僕らの小林先生の後釜として主人公に抜擢されたヒメちゃんことエラリー姫百合さんは、基本はややネガティブ思考な真面目さんなのに、テンションが上がると熱血系になってしまう小林オペラ症候群を患っているという、まさしく『探偵オペラ ミルキィホームズ』の主人公に相応しい資格を有する少女でした。証明ショーの「ですっ!」が可愛いんだなこれが。厨二クラスと噂される指揮クラスの講義を受ける前から「これでQ.E.D.です!」とドヤ顔で叫んでいたので、この子もちょっと厨二病だと思います。……しかし、どういった経緯で警察学校に入学したのだろう。記憶を失ってから何があったかの過去ストーリーとか、わたし、気になります!

えっ、ミルキィホームズ? ああ、うん……ええと、特筆すべき点はない、かな?(ひでぇ)
いやあ、だって、今回の事件はミルキィホームズのパーソナルとは無関係だったので仕方ないね。
シャロの記憶喪失やら何やらは次回作以降に期待したいと思います、ハイ。

余談ですが、コーデリアさんの妹が死亡確定していて涙ちょちょぎれる自分がいた。
1.5で語られていたんですか、そうですか……これからプレイします。


【キャラクター】 A+
ヒメちゃんは可愛い。これは証明へのファクトです。

★ヒメちゃんとミルキィホームズ
前作から一年が経過しているので、シャロとネロは16歳、エリーは17歳、コーデリアさんは18歳です。そして、ヒメちゃんは15歳です。繰り返します。ヒメちゃんは15歳です。……シャロより年下、だと?(戦慄)
アニメ版ほどではないにしても、ミルキィホームズ4人には色々と残念過ぎる点が多いため、ヒメちゃんが年下に見えないという事案が発生しております。なんたることだ。歳相応のヒメちゃん要素が足りない。でもそんなヒメちゃんが可愛い。年下成分は、エピローグのお姉ちゃん発言で我慢するとしましょう。

★小林先生
どう見ても保護者です。本当にありがとうございました。小林先生というか、むしろ彼に対して嫉妬心からツンツンするヒメちゃんが実に萌える。しかし、シャロの記憶もそうですが、小林先生のトイズもいつになったら元に戻るのやら。戻らないかな。戻らないか。

★怪盗帝国
前作で散々「ユタカとは何だったのか」と評されたユタカ君は、このまま存在意義がよく分からない謎キャラとしてフェードアウトしてしまうのではという全プレイヤーの危惧をはね除け、見事に面目躍如を果たしました。その一方で、明らかに優遇されているトゥエンティと、出番は少ないものの見せ場は用意されているアルセーヌ様。ストーンリバーさんとラットは泣いてもいい、泣いてもいいんだ。

★ジョセフィーヌ/怪盗カリオストロ
タカビーな生徒会長代理さん。漫画版と性格が大分異なり戸惑いましたが、冷静に考えずとも他媒体と性格が一致している例の方が稀なので、そこで自分は考えるのをやめた。満場一致で一流の怪盗であるアルセーヌ様に比べると、素で三流街道を突っ走る噛ませ犬体質の彼女ですが、三流には三流の意地があると最後の最後までエゴを貫き通したのは好印象。今後の彼女の活躍にご期待下さい。出番があるかは神のみぞ知る。

★G4と神津
前作(1.0)に比べると格段に出番が増えております。特に平乃さん、お見合いイベントとか実にあざといですね(褒め言葉)。そして、相変わらず格好良いことしか言わない神津警視。もはやツンデレですらない。なんかもう、小衣ちゃんには悪いが、神津警視は小林先生とホモ祭りでも開催していればいいんじゃないかな。


【システム】 A
基本システムは前作と完全に一致。いや、まあ、楽でいいんですけどね。
ギャグシーンはアペンドシナリオという形で、シリアスな本編と分けてあったのは好印象――というのも、自分はエロゲに関しても、『ものべの』のようにエロシーンと本編をある程度は分けて下さるのを推奨しております。ケースバイケースですが、シリアスな本編でギャグやエロをがっつりやってしまうと、話の流れがブツ切りになってしまうことが多々あるので。


【総評】 A
 「ありがとう…私の…大切なお姉ちゃんたち!」

ヒメちゃんかーわーいーい今後のエロゲ出演作をチェックせずにはいられないな

前作(1.0)の難点であった敵キャラ描写の掘り下げが改善されているため、犯行の動機が分かりやすくなっているのが重要なファクター。狂人の一言で片付けられていた前作の怪盗Lさんに対して、今作の敵役お二方のパーソナルについては最終話でしっかりと言及されているため、前作であった「どうしてこうなった」的な印象が薄れています。今回は両者ともあらゆる点が対称的でありながらも、愛を失った結果に暴走したという共通点が根底にあるのが面白い。この手の方向性は好みが分かれるため、最終話の評価は賛否両論になりそうですが、個人的には大満足の逸品でした。さらなる続編が出るかは未定ですが、次回作にも期待したいと思います。

とりあえず、アニメ版にヒメちゃんが出てくれたら、それはとっても嬉しいなって、思ってしまうのでした。
スポンサーサイト

comments

No title

ほぼ同意、ですっ!
アニメはシリアスとマジキチを交互にやればいいんじゃないかな・・・
何にせよ、お値段張るだけの価値はある!
あ、高いのはねんどろですかそうですか・・・

No title

賛否両論な作品ですが自分は好きです(小並感)。
アニメは先日のオルタナティブとマジキチな方を足して二で割ればあるいは…。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。