スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ROBOTICS;NOTES】 過去作キャラたちのツイぽまとめ


NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「巨大ロボより美少女ロボでしょ、常識的に考えて! 等身大のメイドロボだよ! 早くしろ、どうなっても知らんぞー! もちろんおっぱいは一番やわらかいので頼む。大丈夫だ。問題ない」


ロボティクスノーツ、通称ロボノの目玉のひとつである「ツイぽ」。前回の感想記事で“ツイぽにおける過去作主要キャラ3人の呟き”についてまとめたいとか何とか書いてしまったので、再プレイして地道に3人の内2人は相変わらず頭の悪い呟きをまとめました。該当の3人は以下の通り。

NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
Dash:DaSH
KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波

彼らの真名は、上からカオスヘッドの西條拓巳、シュタインズゲートの橋田至、同じくシュタインズゲートの牧瀬紅莉栖です。萎えちゃん? し、知らんな…(震え声)。


①PHASE 7
・11月20日(水)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「ふう、なんかやけに外が騒がしいと思ったら、こんなことになってたんだね。ロボットが暴走してるなんてね。僕からはこう言わせてもらうよ。妄想乙wwwふひひwww」
「部屋から外に出て現実を見ろって? なんでそんなことしなくちゃならないんだよ。頭おかしいんじゃないの? 外に出たら危ないじゃないか。せっかくだから僕は自分の家に閉じこもってエロゲをすることを選ぶぜ!」
「マジレスすると、ロボット暴走は妄想の具現化だよ。誰かがそう妄想したんだ。冷静に聞いてほしいんだけど、ギガロマニアックスっていう能力者がいるんだ。妄想を現実に変えることができるんだよ。僕もかつてギガロマニアックスだった」
「きっとロボットの暴走をしかけた真犯人は僕の命を狙ってるんだ。どうしていつもいつもいつもいつも僕を狙うんだよ! 確かに僕の誇大妄想能力には世界を変えるほどの力があるけど、しょせんは20代後半の無職ニートなのに。ひどいよ。こんなの絶対おかしいよ」
「おい、誰だ妄想乙とか言った奴は! クソが、どいつもこいつも氏ね! これは本当のことなんだよ。10年前の渋谷崩壊だってそのせいなんだから! 信じろよザコども! 誰のせいで世界が救われたと思ってるんだ! 僕だぞ!」
「おっと、そんなことより『魔法少女エリン・ストライクホームラン』見なきゃ。まさかブラチューがここまで息の長いコンテンツになるとは思わなかったよふひひ。エリンは永遠のロリ! 2次元最高!」


・11月21日(木)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「僕って3次元には興味はないんだよね。しかも神代フラウって腐女子でしょ? オタ男と腐女子は絶対に分かり合えない人種だよ。同じオタだから話も合うはずだろとか言ってるやつがいるけど、甘すぎるね」
「腐女子はオタ野郎よりも妥協を知らない上に、妄想レベルだって遥かに上なんだ。僕はこれでも世界を作りかえるほどの誇大妄想能力を持ってるって自覚してるけど、それでも腐女子の妄想には勝てない。主に性的な意味で」
「この僕がいったん何度、苦渋を舐めさせられたと思う? 腐女子とかかわったら、いつだって僕のオタとしてのプライドはズタズタにされるんだ。思い出しただけでガクブル状態になって夜も眠れない」
「いいか、腐女子にはかかわるな。かかわったその瞬間に、君も僕みたいに、やつらの餌食になる。やつらの脳内であられもない姿にされてピーされてピーのピーになるんだ! だから早く逃げてー!」


②PHASE 8
・12月19日(木)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「クリスマスイヴは家に引きこもって昔の名作エロゲをプレイする予定。クリスマスは毎年恒例の、ブラチュー無印版を朝から晩までマラソン視聴」
「クリスマス中止デモとかやるらしいけど、あれって、リア充カップルどもに嘲笑されながら、イルミネーションされた町をクリスマスイヴに練り歩くんでしょ? どんな拷問だよw」
「あんなデモに参加する人は、超弩級のドMか、非モテの皮をかぶったリア充だね。僕は絶対に参加しない。絶対にだ」
「デモに参加するより、あったかい自宅で2次元美少女たちと一緒に過ごしてた方が、よっぽど素敵だしロマンティックじゃないか。外に出る必要なんてない。そうさ、僕ら非モテには、2次元がある! 彼女たちは裏切らないんだ!」


Dash:DaSH
「疾風迅雷のナイトハルト氏はクリスマスに家に引きこもって名作エロゲをプレイか。そこにシビれるあこがれるぅ! ナイトハルト氏はブレないっつーか。いつまでもそのままの君でいてほしいお」
「確かに僕もそんな感じの12月24日を過ごしてたお。3年前ぐらいまではな。でもこの2年は、クリスマスは家族で過ごしてる」
「あ、「どうせ両親だろ」っていうツッコミ入れてきても別に傷ついたりしないお。DT諸君のひがみと受け取っておくお。キリッ」
「だって、僕が一緒に過ごしてる家族っていうのはwww嫁とwww娘のことなんでwwwうはwww僕リア充www」


NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「今、衝撃的な情報を手に入れたんだけど、え、チョット待って。どういうこと? DaSHが、裏切っただって!? 絶対に許さない…!」

Dash:DaSH
「男の嫉妬は醜いお。ま、嫁は元レイヤーで僕のエロゲ趣味にも理解あるし、まだ2歳の娘は僕に似て超かわいくて毎日お風呂に入れてあげてるんだお。すっかり僕も『お父さん』だお。やっぱさ、家庭を持つと、男って一回り大きくなった気がするよね。精神的にも大人になるよね」

NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「まさかとは思いますが、その「嫁と娘」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか」

Dash:DaSH
「ナイトハルト氏と僕、どこで差がついたのか。慢心、環境の違い」

・12月27日(金)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「ぼ、僕だって女友達は何人かいるんだぞ!腋の匂いをクンカクンカしたり、リアル妹だったり、ちんすこうって強制的に言わせてやったり、股間を踏まれたり、ワンワンプレイされたり、指チュパされたりした仲なんだぞ!」
「どいつもこいつも頭ぱっぱらぴーのおかしな連中だけどね。やっぱり3次元はダメだよ。だから僕はそういう女友達とは会わずに、あえてこのクリスマスイヴを、2次元の世界で過ごすんだ。それが僕の生き様なんだ。ふひひ」


Dash:DaSH
「サークルの仲間も呼んで、一家でホームパーティ開いたお。昔からずっと夢だったのだぜ。ホームパーティ開けたらもう勝ち組っしょ、常考」
「やっぱこう、家の大黒柱っつーか、「おまいら我が城へようこそとくと見ろおもてなししてやんよ」感が出てる僕って、もう完璧にリア充じゃね?」


③PHASE 9
・1月19日(日)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「少し前の記事だけど、コールドスリープで10年間眠り続けていた少女が見つかったらしいと聞いて、僕の妄想がクライマックス」
「もしコールドスリープ装置が実用化されたら、合法的にようじょと結婚できるじゃないか!」
「だってそうでしょ? 10歳のようじょを10年間眠らせれば、肉体の成長は止まったままで実年齢20歳のロリっ子が誕生するんだよ!? これSUGEEE! 3次元に革命が起きるwww3次元の夜明けぜよwww」


Dash:DaSH
「疾風迅雷のナイトハルト氏がオタの夢を語っておられるが、僕も激しく同意だお! 合法ロリこそ男の目指す理想郷だろ常考! もう誰にも後ろ指差されなくなるわけだし!」
「は? 自分の娘に手出すわけないじゃん。だって僕の娘は天使だから。誰にも触らせないお。野郎の汚い手で触ったら絶対に許さない。キリッ」
「ハッ!? 「野郎の汚い手」には僕の手も含まれてるじゃないかあああああああこのジレンマはどうすればいいんだおーーーっ! 娘との楽しいお風呂タイムがもうできなくなっちゃうおーーーっ!」


KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波
「ナイトハルトとDashは自重しろ。下らない妄想をこれ以上垂れ流すようなら、開頭して電極を海馬にブッ刺すわよ。まったく、いい歳してなにやってるんだか」
「コールドスリープについては実用化までまだ時間がかかると思うわ。一番致命的なのは、開頭するときのリスクね」
「あ、『解凍』だから! 間違えたorz」
「コールドスリープで眠らせること自体は、おそらく現代の科学でも可能だと思う。難しいのは、解凍の方なのよ。こればっかりは人体実験でもしないと、どんな結果が出るか分からないわけだから」
「きっと被験者を募集すれば世界中からたくさん集まってきそうね。それだけ熱望されている技術ではあると思うけど、科学者としてのモラルがあるから、かろうじて実行には移していない。それをやってしまったら、神を冒涜することと同じだから」
「もっとも、スポ東がソースのニュースじゃ、99%創作でしょうけど。だいたい被験者が幼い美少女だったとか、おとぎ話やオタの妄想じゃあるまいし、あり得ないわ。以上、証明終了」


・1月29日(水)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「君島レポートって実は電脳世界の中に住む虹ロリ美少女が出したSOSで、全部ゲットするとHシーンに入れるっていうゲームだったりする? もしそうなら僕も久々に本気出すよ、ふひひ」
「ただし3次元、てめえはダメだ。僕が興味あるのは虹だからね。ギリで2.5次元までは許すよ」


Dash:DaSH
「君島レポートのフラグを真面目に達成しようとしてるヤツなんているん? とりあえず全部のレポをハッキングして解析したけど、あんまり面白いことは書いてなかったお」
「あとこの君島レポートって、言ってみればウイルスと似たようなもんだから、あんまり拡散しすぎるのはどうかと思われ。もし中になんか仕込んであったら、世界中のポケコンが感染してひどいことになるお」


KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波
「ああ、君島レポートの文章を読んでいると、私の知り合いを思い出すわ。あの腐れ縁のバカが普段口にしてる言動とすごく似てて、頭がクラクラする」
「世の中にはあいつと同じ厨二病を発症してる人がいるのね。ま、陰謀論乙って感じかしら」
「あえてツッコミを入れるなら、あのレポートには「磁気圏サブストームを起こすための具体的な方法」っていう、告発するうえで一番重要な部分がごっそり抜け落ちてるってこと」


④PHASE 10
・2月22日(土)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「巨大ロボより美少女ロボでしょ、常識的に考えて! 等身大のメイドロボだよ! 早くしろ、どうなっても知らんぞー! もちろんおっぱいは一番やわらかいので頼む。大丈夫だ。問題ない」
「ただし巨大メイドロボも、それはそれでありだと思うよ。昔、そういうエロゲがあったから。あれはエロかったなあ、ふひひ。全長10メートルで女子の身体をリアルに再現するなら、値段にもよるけど3体買わせてもらう」


Dash:DaSH
「等身大メイドロボ(ご奉仕OK)は男の夢だろ常考! 嫁? 娘? いるけどそんなの関係ねえ!」
「人類の科学技術がここまで発展してきたのは軍事とエロの力なんだお! 巨大ロボット造ってる暇があったらその前にネコミミメイドロボ! 身長は140センチぐらいをキボンヌ」
「なにしろ背の低いきょぬーネコミミメイドは、僕の青春時代のアイドルだからな。キリッ」
「そんなわけで僕はオリエンティ工業を応援していますお!」


KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波
「橋田と西條がなにかほざいてるけど本当にアホね。どうして男の人って、等身大の女性型ロボットに過剰な期待を抱くのかしら。しかも橋田なんて妻子持ちなのに」
「あら、うっかり中の人の本名晒しちゃったけど、まあいっか」
「2次元と3次元には絶対に越えられない壁があるわ。3次元には妄想が入り込む余地がないっていうこと。2次元は触れられないからこそあなたたちにとって理想となり得るのだって、いい加減気付きなさい。3次元に、2次元と同じ役割を求めるのは誤りなの」
「さて、今回の万博、個人的に注目しているのはアメリカのサイコテックマシン社が出展している、脳波操縦システムね。研究モデル段階だけど、マスタースレイブよりも正確に操縦者の意志をロボットにトレースできるわ」
「ただ、あまり長時間使い続けると、自分の肉体とロボットのボディの区別が付かなくなって脳が混乱する恐れがある。精神に深刻な影響を及ぼす可能性があるってわけ。その辺はまだまだ研究が必要ね」


⑤PHASE 11
・2月26日(水)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「僕の女友達がみんな、なぜか僕の家に勢揃いしてるわけだが。しょうがないから、僕もちょっと出かけてくるよ…」
「こんな混乱してる状況で外なんか出たくないんだけどなあ。だいたい、なんで僕が…」


Dash:DaSH
「こりゃ、のんびりピザ食ってる場合じゃねえ!」
「ラボメン招集かかったし、オペレーション・レーヴァテイン発動らしいから、ちょっとスーパーハッカーとしてなにが起こってるか調べてみるお」
「嫁と娘を守るためにも、パパ本気出しちゃうぞー!」


KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波
「今、自分がアメリカにいるのがもどかしい。今すぐに日本に戻りたいけど、飛行機は飛んでない。それにアメリカだって大変な状況だし」
「日本に住んでる知人が無事だといいんだけど…」
「とりあえずこういうときに唱えるとっておきのおまじないを、ここを見ている人に教えてあげるわ」
「『エル・プサイ・コングルゥ』よ。特に意味はないけど、唱えたらなんとなく落ち着く。そう自己暗示をかけてみて」


⑥PHASE 12
・2月27日(木)
NEIDHARDT:疾風迅雷のナイトハルト
「ゲジ姉の反応が消えた…? つまり、そういうことなの?」

Dash:DaSH
「この状況でDaSHじゃなくてDaSPである僕に依頼が来るとは思ってなかったのだぜ。こりゃ久々にガチで挑まないと間に合わんっぽい」
「あ、DaSPは『ダル・ザ・スーパー・プログラマー』の略な。ここ、テストに出るから。キリッ」


KURI_KAME:栗悟飯とカメハメ波
「種子島にはナエがいるのね。あの子ならきっとやってくれる。きっと大丈夫」


相変わらずナイトハルトさんはブレないっすね!そこに痺れるが憧れない!
スポンサーサイト

comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。