スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 ルートダブル - Before Crime * After Days - その3(√Current編)


                  ――やがて、静止した時の彼方で――
                    目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえた。
                     あるいはそんな記憶があった。
                白く塗られた墓の下で、彼はその声を聞き……
                      そして時が、動き出した。


・【感想】 ルートダブル - Before Crime * After Days - その1(√Before編)
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-204.html
・【感想】 ルートダブル - Before Crime * After Days - その2(√After編)
http://mitosy.blog94.fc2.com/blog-entry-205.html

Xbox360『ルートダブル - Before Crime * After Days -』感想連載、第3回は√Current編です。本ルートは√Aと√Bを繋ぐための、いわゆる舞台裏の伏線回収ルートと短いので、今回はさっくりといきたいと思います。これはフラグではない。繰り返す、これはフラグではない。

時は√Aから遡って2030年9月16日 08時06分。
最後の力を振り絞って渡瀬の記憶を消去し、意識を失った夏彦だったが――?




①√Current Chapter0

・そして時は動き出す!

②√Current Chapter1

・【2030/09/16 09:16】
 (やっぱりそうだ……! ぼくは今、あの男の中に入っているんだ!)
 台詞だけ見ると┌(┌ ^o^)┐ホモォ…

(ゆ、悠里!? なんでこんな所に悠里が!?)
 ようやく亡くなったことを受け入れて妄想から解き放たれた直後に本人(?)登場はドッキリ過ぎる。

・【2030/09/16 09:21】
 (もしかして……悠里には双子の姉妹がいたとか……?)
 それはそれで美味しい展開ですが(※ただし、両方とも生きていた場合に限る)。

(自分を殺した相手に取り憑くなんて、まるで悪霊みたいだな……ははっ)
 それはそれで美味しい展開ですが(※ただし、男×男ではない場合に限る)。
 男同士だといろいろと見たくないものを見てしまう可能性があって嫌ですね!

(な、なんだこれ!?)
 (ぼくはこのまま消えるのか!?)

 ざんねん! なつひこのぼうけんはここでおわってしまった!
 √A該当箇所での「すると――頭から何かが抜ける感じがあった。」という描写は
 夏彦がADによって除霊されかかっていたからなのですね(除霊言うな)。

・【2030/09/16 10:38】
 (サリュ!? どうしてサリュがここに!?)
 ADの有効時間が1時間なため、夏彦さんは終始キング・クリムゾン状態。
 これまでと違って、登場人物より我々の方が事情通なので、見ていて優越感に浸れます(器が小さい)。

(サリュを傷つけさせてたまるか!)
 夏彦は精神を集中し――
 今この瞬間の、男の記憶を破壊した。

 この人でなし―!(まあ、仕方ないけどね…)

・【2030/09/16 11:16】
 (まさかこの感覚、ADのせいで起こってるのか!?)
 (でもADは、被曝を防ぐ薬のはずじゃ!?)

 一体いつからADが抗被曝剤だと錯覚していた?(文字通り上から目線)

・【2030/09/16 11:41】
 (ここ、母さんの研究室じゃないか!)
 (そうだ……この場所で悠里は消え、ぼくは真実を知ったんだ……!)
 (でも、じゃあ、あの悠里そっくりの子はいったい……?)

 √A該当箇所での「一瞬、目の前に奇妙な光景が明滅した」という描写は
 夏彦が脳内で妄想に耽っていたからなのですね(妄想言うな)。

(ぼくの覚醒と汚染区域には、きっと何か関係があるんだ……!)
 そこに気付くとは……やはり以下略。

③√Current Chapter2

・【2030/09/16 12:26】
 (そのおじさんが、どうして逃げずに残ってるんだ?)
 (やっぱり、おじさんは内通者だったのか……!?)

 そこに気付くとは以下略。
 まあ、確かに責任者でもないのに残っているのは不自然極まりないですしね。

(もしかして……こいつもぼくと一緒に、記憶を思い出していたのか?)
 √A該当箇所での\ヒッコリ~ン/現象の原因は夏彦さんのデバガメもといデタラメ能力でした。

《行け! 彼女を助けろ!》
 渡瀬ロボ、発進!
 
・【2030/09/16 12:34】
 (彼女はきっと、記憶を失う前の、あの渡瀬を知ってるんだ!)
 そこに気付くとは……いや、普通は気付くか。

(こんなのは……こんなのは本当に不本意だけど……!)
 (ぼくとこいつは、一蓮托生なんだ!)
 (のんきに死んでるんじゃない! 目覚めろ、笠鷺渡瀬!!)

 もう完全に渡瀬ロボのパイロットですね。

・【2030/09/16 12:37】
 (ど、どうする……? 今の渡瀬じゃ、おじさんの疑惑をかわせそうにないぞ)
 だってテロリストなのは事実ですしねぇ。

(よし! このイメージなら――!)
 そして夏彦は一気に、レスキュー活動をする彼らの姿を想像した。
 イメージできたようだな。そうだ、これがヴァンガードだ!(cv佐藤拓也)(不正解)
 全然関係ないですが、今週のヴァンガード(77話)は頭おかしすぎだと思います(褒め言葉)。

(渡瀬がしている時計が、ぼくの時計に変わってる?)
 (でも、何でそんなことに……?)
 (他人の記憶を変えると、ぼく自身の記憶の影響も、出てしまうものなのか……?)

 へえ、何の痕跡もなく記憶改竄できるわけではないのか。

(もしかして……放射線レベルがADの許容範囲を超えたから、ぼくの覚醒は途切れなくなったのか?)
 (でも、それってどういう理屈なんだ……???)

 WX粒子によってBC能力がブーストされるフラグですね。
 空気中のマナが多ければ、魔術を連発できるみたいな!(厨二脳)

・【2030/09/16 12:42】
 その直後、渡瀬が火災の側に消火器を発見し――なぜか危機感を覚えた。
 風見さんルート。記憶を失う前の渡瀬たちが仕掛けたというフラグですね。そりゃそうだ。

・恵那先生ルート。サリュのメッセージが届いても何もできない夏彦さんマジ無能(無茶言うな)。

(そうか……あの時、渡瀬がましろの後を追わないように、ぼくが引っこ抜いたんだっけ……)
 洵ルート。余計なことをしなければ……と思ったけど、ましろも脱出できてなさそうなので関係ないか。

・【2030/09/16 13:09】
 (『意識を作る』『原子力』『生物学』『BC』……この4つに、なんの接点が……?)
 意識を作る「この4つの中に接点がないやつがいまーすwwwwww」
 意識を作る「そーwwwwれーwwwwはーwwwwwww」チラッ
 生物学「………」チラッ
 原子力「………ぅ……」
 BC「あ、あぁわたしのことね!もー、意識ちゃんきっつーww」
 意識を作る「チッ」

(くそ! 今すぐ渡瀬の記憶を何とかしないと!)
 駄目だこいつ早く何とかしないと状態。

・【2030/09/16 13:13】
 (いや、これも単に、過去の記憶のフラッシュバックか!?)
 謎の彼女Xの正体判明はまだのようです。

・【2030/09/16 13:32】
 (なんで……先生が銃なんか……???)
 格好良いからセーフ。

・【2030/09/16 13:48】
 (――9月10日って言ったら、ぼくの日常が変わり始めた日じゃないか!?)
 (何だよこのファイル? いったい何を意味してるんだ?)

 どれかが夏彦さんでしょう。
 #クリア後コメント:お前(ナ2号)やー!

(だったら、いっその事……)
 (渡瀬に『彼女が死んだ』と誤認させればいいんじゃないか?)

 お前の勝手なイメージを押し付けるな!(cv佐藤拓也)

《――おいお前、しっかりしろ!》
 《いつまで呆然としてるんだ! 早くみんなのところに行け!》

 夏彦さん理不尽すぎワロタ。テロリストにかける情けはないようです。

・【2030/09/16 13:56】
 勝手なイメージを押し付けた結果がこれだよ!

④√Current Chapter3

・【2030/09/16 14:16】
 《な……何をしてるんだ!》
 俺の恵那先生に!

・2030/09/16 14:22
 《……渡瀬、お前……》
 夏彦がそう言った時、ついにタイムリミットが――……
 (ああ、くそ……)
 夏彦は毒づいた。毒づかずにはいられなかった。
 (……お前が初めから、そういう奴だったら良かったのに)
 ~
 (――どうしてなんだよ、渡瀬……?)
 (どうしてお前は、テロリストだったんだ?)

 ~
 (あとはあんたに任せるよ)
 (サリュの事も、あの子の事も、先生の事も、全部あんたに任せるからさ……)
 (……だから、ほんと頼んだぜ)
 (なぁ、渡瀬……)

 さすがの夏彦さんも、こんな聖人君子な隊長さんを間近で見ていたら認めざるをえません。
 ―――ああ、いいなあ、こういう和解シーン。自分も昔から、そういうノリが大好きなんだ。
 クリア後コメント:なお、数十分後の夏彦さんはやっぱり渡瀬さんは許せないぜと憤る模様。

・【2030/09/16 14:29】
 記憶を破壊するとき、『夏彦と渡瀬の心は繋がった』のだ!
 ┌(┌ ^o^)┐

・【2030/09/16 14:41】
 (それにしても……あんな状態で長時間放置されていたのに、どうしてぼくは助かったんだ……?)
 ~
 (もしかして、ぼくがずっと渡瀬とBCで繋がっていた事と何か関係があるのかな?) ┌(^o^ ┐)┐
 ~
 (つまり、ぼくの脳はBCを使うために、ずっと集中し続けていたって事になる)
 (それでぼくの体は、呼吸も脈拍も極端に低下して――)

 なるほどなー。数十分遅れていたら夏彦さんは死んでいたので、まさに危機一髪。

・【2030/09/16 14:43】
 (あの2人……あれじゃまるで、あの時の渡瀬と同じじゃないか!)
 ペロッ、これは何たら症候群!

・【2030/09/16 15:10】
 (くそ! ぼくがさっさと体に戻っていれば!)
 本当だよ……と言いたいが、輸血を優先した判断は間違ってないと思います。

(お、同じだ! おじさんや、洵さんと!)
 何たら症候群!

・【2030/09/16 15:13】
 (あ、あ、あぁぁ……!)
 (わ……わかったぞ! 1つだけ、謎が解けた!)

 おっ!? なんだ、教えてくれ夏彦!!

(――このラボは、やっぱり原子力研究所なんかじゃない!)
 (『WX粒子』と、『BCの能力』を研究するための施設だったんだ!!)

 せやな。

だが夏彦の中にも、解けない6つの疑問が残された。
 ラボ内で起きている殺人事件の犯人は誰なのか?
 貨物搬出用リフトの前で殺されていた少女は誰なのか?
 悠里と同じ顔をした、あの『ユウリ』という少女は何者だったのか?
 保管しておいたADは誰が持ち去ったのか?
 恵那はどこに行ってしまったのか?
 そして何よりわからないのは――
 どうして3人の人間が、次々と狂ってしまったのか、という事だった。

 まあ、最終章のために謎は幾つか残しておかないといけませんからね(冷静)。
 とりあえず、ADを持ち去ったのは消去法でサリュだとは思いますが。

(だから、調べるんだ! ここで何が起きているのかを!)
 (もう渡瀬だけに任せるんじゃなく、傍観しているだけじゃなくて――)
 (――ぼくも、やるんだ!)
 (こいつと2人で、力を合わせて――!!)


 「――立て」

 「まだ、何も終わってない……!」

 「お前とぼくで、みんなをこの悪夢から救うんだ……!」

 この場面の鳥肌っぷりは異常。

・【2030/09/16 15:16】
 風見さんヤンデレ過ぎっぞ!

・お客様の中に、どなたかましろんを救出してくださる方はいらっしゃいませんかー!

――だが彼らは、誰一人として気づいていない。
 9人の足の下、さらに地下深く。
 そこに作られた檻の中で――
 まだ誰も見つけていない、悪意に満ちた最後の爆弾が、静かにその時を待っている事を。
 そして、過ぎた時を繰り返すように――
 ――9年前に死んだはずの少女が、ゆっくりと眼を覚ます。

 なんで悠里さん緊縛されてんの?(歓喜)

・そして物語は√Dへ―― 




本当にさっくりいけた…だと…?(顔面蒼白)(なんでだよ)(いいじゃねーか)

……失礼、取り乱しました。ともあれ、これにて√Cも読了。√Aにおける幾つかの謎が夏彦視点によって明かされ、とうとう物語も最終局面を―――メッセージ既読率50%……だと……?(戦慄)(痙攣)(アへ顔)
………、……ロボティクスノーツ発売日? なんですか、それは?

次回は最終章、超長編のトッピング全マシマシな√Dです。
ようやく夏彦に会えるよ!やったね悠里ちゃん!
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。