スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 ものべの - monobeno -


 「人が死ぬるは、自然よ。病を得るも、自然のこと」
 「それを望まんきに人は、自然に抗い、生きようとする」
 「死ぬように流れていくのが、“定め”なら」
 「生きようとして抗う意思が、“運命”ちや」



本作『ものべの』は、発売前からロリコンのロリコンによるロリコンのためのロリコン御用達な伝奇系シネマティックノベルだと話題になったことから、自分を含めた購入者(ロリコン)の大半がロリ目的であったことは想像に難くありませんが、一体いつから『ものべの』がハートフルイチャラブロリ萌えゲーだと錯覚していた?(伝奇モノの時点で気付けよ)

・ものべの
http://www.lose.jp/monobeno/


【シナリオ】 A-
 「夏葉、おにいちゃんのこと――と、と、とおるさん、とか――うひゃうっ!」
 「は、は、恥ずかしくって……呼べないのっ!」


ロリコンの皆様、ご安心下さい。フラゲ組のネタバレ情報からロリコンを一カ所に集めて一気に殺すナチス式エロゲ(リンク先ネタバレ注意)などと揶揄されていた『ものべの』ですが、しっかりと夏葉ルートでは正真正銘の実妹◯学生ロリとアレやソレができる仕様となっております。すみルート?知らんな…。

冗談はさておき、公式サイトの物語紹介ページで「夏葉が異常成長という現象に襲われるストーリー」だと明記されており、かつ伝奇というジャンルであることを踏まえると、そりゃあただのハートフルイチャラブロリ萌えゲーで終わるはずがないことは確定的に明らか。故に、俺の妹がこんなに妙齢なわけがないエンドがあるやも知れぬと心得ておくのはエロゲマイスターとして当然の嗜みであり、何の問題もありません。ノープロブレム。大丈夫だ、問題ない。ロリコンとしての意見はノーコメントでお願いします。

肝心のシナリオですが、夏葉の異常成長について、妖怪(すみルート)と医者(ありすルート)の見地から解決を試み、そして最終の夏葉ルートで両方が絡み合っていたことが明らかになるという構成は分り易く好印象。まさに医学と妖術が交差するとき、物語は始まる――(既に何番煎じか分からないネタ)。難点は、各ルートでの序盤は基本的な作業が同様であることから、似通った場面や展開が多く、やや地味で盛り上がりに欠けたことか。もっと飛車角が妖怪とバトルしたり、飛車角がひめみや様とバトルしたり、夏葉がダークサイドに堕ちて「やっちゃえバーサーカー」的な台詞(中の人の声が似ているからといって他意はありません)を吐いたりと、伝奇モノでありがちな厨二展開を用意すべきだったのではと思いましたが、冷静に考えたらもはや別作品だよねそれ。

何はともあれ、夏葉は可愛いなということです。まったく、小学生は最高だぜ!


【キャラクター】 A
ごく普通に◯学生の実妹に手を出した大学生の主人公は、果たして有罪か死刑か極刑か。
兄が◯学生の妹の胸中に射精する行為の正当性について論じる必要があるのではないかと思います。
別に自分はロリコンでも妹萌えでもないので羨ましくはありませんが絶対に許さない。絶対にだ。

一方、本作の大人勢は本当に頼り甲斐のある方々ばかりで尋常ではない安心感がありました。
何故だか伝奇モノの大人は基本的にまともではないことが多いような印象が強いので殊更に。

あ、淫乱な幼馴染とか、永久ロリな妖怪とか、良いと思います。ええ。


【システム】 A
CGが綺麗で、瞬きなど細かな動きも多く、minori作品のようで中々に好印象。
あとは物語的な、その場面を盛り上げるための演出が強化されれば完璧でしょうか。
また、本編での濡れ場を少なくして、番外でたっぷりと用意してあるのは色々と捗りますね。うん。
……ところで、OPムービーはどこで流れたのだろう。飛ばしてしまったようで気付かなかった。


【総評】 A
まったく、小学生は(以下省略)

いやはや、やはり主人公の生まれ故郷である古来からの風習が色濃く残った山奥の田舎という、ある種ノスタルジックとも言える舞台を題材にした作品は雰囲気が楽しめて良いものだ。素晴らしい高知県香美市(物部村)布教ゲーでした。また、事前情報がありながらも、ここまでシリアスな話だとは予想しておらず、正直な話もっと萌えゲー(ロリ風味)っぽい作品かと思っていたので、シナリオ重視のエロゲマイスターとしては嬉しい誤算でした。ロリコンとしては悲しい誤算でした。いえ、ロリコンではないですけどね。もっと夏葉を無理やりなシーンがあったら最高でした。嘘です。ロリコンではありません。

ともあれ、ロリと伝奇というワードに心動かされるロリコンな方にはオススメの作品です。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。