スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 魔法少女まどか☆マギカ ポータブル(PSP)


「何言ってんだよ! 好きな男にどう思われようと、ここで助けるのが人間だろ!」
「あんたはゾンビなんかじゃない!好きな男のために命を懸けて戦う人間だろ!」
「『誰も必要としてくれない』なんて、言うなよ。あたしは、さやかを必要としてる」
「誰にも知られてなくても、魔女が苦しめようとしてる、この街はさやかを必要としてる!!」
「あたし……佐倉杏子は美樹さやかを必要としてる。あたしを重ねるために」



いま分かりました。『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公は彼女(佐倉杏子)だったんですね!

・魔法少女まどか☆マギカ ポータブル
http://madoka-magica-game.channel.or.jp/


【シナリオ】 B
「呪ってやる! あたしはこの世界の全てを呪ってやる! バッカヤロォオオオオッッ!!!!」

佐倉・ディルムッド・杏子。魔女化した青い子を暁美さんに殺され、絶望してソウルジェムが濁り切ったときの最期の台詞がこれですが、良心の槍使いは薄幸である法則でも存在するのでしょうか。自身のルートでは報われなかったけれど、さやか・ほむらルートでさやか魔女化回避した場合には存分にキャッキャウフフできたので幸福かもしれない。同原作者の某ランサーよりは扱いが万倍マシで良かったね杏子ちゃん。

さて、まどかルート、マミルート、さやかルート、杏子ルート、ほむらルート、ボーナスルートの全6種のシナリオが用意されている本作。初回のまどかルートは一本道であるものの、マミ・さやか・杏子ルートでは各人が魔女化するか否かでエンディング分岐し、ほむらルートに至ってはマミの生存/死亡、さやかの契約/未契約および魔女化/魔女化回避などにより大きく展開が異なる仕様で、中には“ほむらがマミ、さやか、杏子から信頼を勝ち取って共にワルプルギスの夜を打倒する”という、誰もが妄想してやまなかった物語も用意されており、アニメのIFとしては中々に良質なクオリティを有した作品と言えましょう。また、おまけのボーナスルートはギャグ満載のお馬鹿シナリオとなっております。お前は暁美ほむらではない。戦場ヶ原ひたぎだ。


【キャラクター】 A+
魔女に殺されたマミさんをざまあみろと笑い飛ばした直後に落ち込んだり、他人のために魔法を使うさやかを嘲笑したかと思えば自分の身を顧みずに助けようとしたり、こっそりとマミさんのお墓を作ってヌイグルミを供えてあげたり、自暴自棄になったさやかを某禁書目録の上条さん並に熱く説教したりと、杏子のエセ不良系主人公っぷりがヤバイ。マミさんらと仲良くすることすら打算的であるほむほむは杏子を見習うべき。そして、お馬鹿シナリオのほむほむは頭おかしい(褒めてます)。


【システム】 B
不思議なダンジョンを彷彿させる探索&戦闘パート自体に不満はないものの、マップ画面でしかシステム画面を開けず、文章は二周目以降しかスキップできないという、ノベルゲームに慣れている人にとってはフラストレーションが溜まりそうな仕様のアドベンチャーパートは何とかして欲しかったところ。特に、探索&戦闘パート中にイベントが発生してアドベンチャーパートに切り替わる際に多発するフリーズバグは本当に勘弁して頂きたかった。いったい何度、無間ロード地獄という覇道太極の前に涙を飲んだことか。

ワルプルギスの夜との戦闘では、敵の残ライフに応じて会話イベントが発生する展開が多いため、時間停止や多段ヒット系の技を使わないことを推奨します。


【総評】 A-
原作ファンの原作ファンによる原作ファンのためのキャラゲー。

原作アニメを華麗にスルーして、この手のキャラゲーを購入するような愚者(ユーザー)は常識的に考えて存在しないとは思いますが、本作はアニメ視聴済みであることを前提に作られている節があるため、ゲームから初めて入るのは非推奨であることは言うまでもない。前述の通り、アニメのIFを描いたキャラゲーとしては優秀なので、ほむほむをリスペクトするマミさん、恭介と恋仲になったさやか、友人に囲まれた杏子(with制服)などなど、アニメでは見られなかった彼女らに興味がある方にはオススメです。フルボイスであったことは素晴らしいの一言。まあ、欲を言えば、ほむらルートは『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』並のゲーム性が欲しかったですね(無茶言うな)。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。