スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 猫撫ディストーション



「世界が因果的に閉ざされていたら、エントロピーは情報という形で増大するんだ。
        やがてこの世界のエネルギーは全てが情報に変換され、時間の矢が失われた後も
               『意味』だけが残り続けるだろう。『永遠の世界』だよ、お前が望んでいたものだ」


――『言葉』と『認識』
――『行為』と『現象』
――『心』と『身体』

「ただのモノに『意味』が与えられた時、そこで初めて粒子の固まりでしかないこの宇宙は『世界』になる。
     初めに『言葉』があるとはそういう『意味』だ。人間だけが世界を『観る』とはそういうことだ」



Q.つまり、どういうことだってばよ?
A.『ただの粒子の固まり』や、『0』と『1』の固まりに、『意味』を与えられるのは我々人間だけであり、
  人間が観測した(意味を与えた)時、無意味なデータは初めて活用され、今こうして、目に映る映像が、
  ただのドットの集まりでなく、どこかに存在する『世界』であるように、言語となって世界を創るのである。


最初から(ほぼ)提示されている答えから、どのように『世界』を解釈するか、それが『猫撫ディストーション』
勝利条件は、何となく分かったような気になること。小学生の読書感想文のような「よかった。おもしろかった」の精神で楽しむのも良し、作中で語られる哲学論を考察に考察を重ねて味わい尽くすのも良し。考える作品なのか、感じる作品なのか、それを≪観る≫のは君だ!


【シナリオ】 B+~A(人を選びます)
える しってるか ねこは メイドさんにだって なれるにゃ

「箱の中の猫が、蓋を開けて観測するまで、生きている可能性と死んでいる可能性が重なり合っている状態なら、つまり観測者が世界を確定させるまでは無限の可能性があってもいいよな!」という、某シュタインズゲートの頼れる右腕(マイフェイバリットライトアーム)なら「うわ、出たよシュレディンガーの猫。日本人のシュレディンガー好きは異常。もううんざりって感じっすわ。ぬこがかわいいのは認めるがな」と言うこと請け合いの内容。総プレイ時間は短けれど、哲学と量子力学がシナリオ全面に大プッシュされている、ある意味では電波作品なので、脳のフリーズにご注意ください。ギズモちゃーん、俺ですよ~(思考停止した凡例)(他意はない)。


【キャラクター】 B+
ギズモは可能性。
結衣は永遠の不変。
式子は永遠の不死。
柚は不明確で不確定な未来。
そして琴子は知覚による存在。

キャラクターごとにテーマがあり、その点に関しては分り易いと思う。
もうちょい積み重ねた上で、掘り下げていいとも思ったけれどね!ギズモちゃんって言うな!


【システム】 A
主題歌が神過ぎて生きているのが辛い。


【総評】 A
存在することは知覚されることである。

「物語なんてただの飾りです」と言わんばかりの哲学重視っぷりに、プレイ中も「これは純粋理性批判か何かですか?」「いいえ、それはエロゲです」と自分の中で反芻しないとシュバルツハルト半径の内側に落ちるので要注意。冒頭で述べた作品の特性上、唯心論や観念論、多世界解釈などの主張がシナリオの八~九割を占める勢いなので、考えるのか感じるのかは個々人の自由ですが、あまりにも何も考えずに左クリック連打で読み進めると、プレイ後に何も残らないというトラップ。ぱないの。自分を含め、好きな人は好きな超排他的作品。あえて罠へ!

批評空間のレビューを見ても、カントやウィトゲンシュタインの哲学論を引き合いに出して専門的な考察をしているグループと、「何となく分かった気がした。おもしろかった」と小学生レベルの感想に留めているグループで二分される猫撫ディストーション。自分も先人方に迎合し、「よかった。おもしろかった」で〆たいと思う。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。