スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(PSP)



                ネタバレ緊急回避!?
                  Spoiler urgent evasion!?


「――兄貴なんて大ッ嫌い!! 大ッ嫌い! 大大大大大ッ~~~嫌い!
 だけどあたしの兄貴なの!! せっかく、せっかく……また話せるようになった兄貴なの!!
 もう二度と……絶対誰にも渡さないッ!!! それがあたしの気持ち!! なんか文句あるッ!?」


この桐乃の台詞に、PSP版で得られる全てが凝縮されていると言っても過言ではない。
つまり、あやせルートだけで限定版に支払った10,800円(税込)の価値があるということです。
ラブリーマイエンジェルあやせたんマジ天使! それがあたしの気持ち!! なんか文句あるッ!?


【シナリオ】 B
原作小説第6巻までを読んで下さい(説明放棄)。

★桐乃編
記憶喪失になった桐乃をキモオタに戻そうと奮闘するお話。演技かと思ったらガチであるあるねーよ状態。
前述の通り、桐乃の京介に対する想いの全てはあやせルートの台詞で回収し切った感があるので、先にあやせルートをプレイしてしまった自分は完全なる負け組。黒猫さんのオススメ攻略順に騙されました。桐乃さんのオススメ攻略順こそが正しかったんや……。

★黒猫編
別に自分はロリコンでもシスコンでもないのですが、黒猫の妹は劣情を催すほどには可愛いと思います。
あと断言してもいい。大半のプレイヤーが黒猫が桐乃を義妹とからかう光景を見てニヤニヤしている。

★沙織編
オーダーはオンリーワン。最初からお嬢様モードで登場しろ。

★麻奈実編&if・ロックなロック編
オーダーはオンリーワン。最初からアイドルモードで登場しろ。
麻奈美編に限らず、黒猫に何の返答もせずに彼女を作る京介は結構最低の部類に入ると思う。

★あやせ編&if・禁断の百合編
天使かと思ったらラブリーマイエンジェルあやせたんだった。
修羅場編での桐乃のまなちゃん発言とかブラコン発言とか原作ファンにはただのご褒美でした。
攻略前にツイッターで「【急募】あやせたんを孕ませる方法」とか呟こうと思ったら本当に腹ボテエンドで、ついに自分の妄想が現実を侵食し始めたかと戦慄。いや、まあ、とらドラの前科からやりかねないと予想してましたが。どうせならPSP版ひまわりのように初夜シーンもギリギリまで描こうぜ!

あとBADENDとif・禁断の百合編こえーよ!もっと百合百合しろよ!(本音)

★加奈子編
加奈子も可愛いが、ブリジットちゃん棒読み可愛い。
別に自分はロリコンではありませんが、ブリジットちゃん棒読み可愛い。
つまり何が言いたいかというと、ブリジットちゃん棒読み可愛い。

★if・友情の赤城編&if・とある京都面妖編
ぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷ。ぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷっぷぷぷぷぷ。
(恒例の友情エンド。ただし最後はヤンデレ妹に持っていかれる。)
ぷぷぷぷぷぷぷぷぷっぷ、ぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷ。
(何が感動したって、声優さんのプロ魂を垣間見たところである。)

★if・兄と妹の事情編
ifだから正史じゃないよね? ガチだったらヨスガれねーぞ!
原作で桐乃フラグがバッキバキに折れた影響で、桐乃が隠しているアルバムの中身が猫箱なので、ひょっとしたらガチなのかもしれない。でもガチってことにすると「じゃあ、アニメ12話で桐乃がアルバムを恥ずかしいものって言ったのはナニよ?」ってことになるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。まあ、京介のことを昔から好きだったって言うのはりんこりんシナリオと照らし合わせてもガチだろうがな。

★if・極悪桐乃編
桐乃さん、どう見てもクズです。本当にありがとうございました。


【キャラクター】 A+
「……私の、キャラクターへの想いは、もう充分でしょう。
 ………これでわからぬなら、もはや語りません。どうせ、私の心など誰も、わからぬでしょうから。」


つまりラブリーマイエンジェルあやせたんってことだよ。言わせんな恥ずかしい。


【システム】 B+
O.R.Eシステム、ツーショット会話システム、緊急回避システムと面倒くさいゲーム要素は充実!
別に難しくはないのだけれど、どうしても初回は総当りになって面倒。シュタゲに比べれば楽だがな。
O.R.Eシステムは単に攻略を複雑にしてる印象が否めない。ただのフラグアイテムでよかったような。
ツーショット会話システムだけで簡単分岐したほうがプレイヤー的には嬉しかったかもしれない。
バックジャンプ機能は助かりました。いや、この手のゲームでなかったら逆にアレですが。


【総評】 B+
総プレイ時間はそこそこなのに、一周にかかる時間が短いせいでボリューム不足に感じてしまうジレンマ。
PSP『探偵オペラ ミルキィホームズ』同様に、内容自体は充分に楽しめるレベルであったのでシナリオ量に関しては残念。『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』とか、キャラゲーは往々にしてシナリオ量少ないけども。
ともあれ、原作ファンには必見の展開があるため作品としては上々。満足しました。あやせ可愛いよあやせ。

ただ、一つ懸念があるとすれば、こう様々なシチュを消費されると、原作続巻での展開が二番煎じになりそうで微妙に不安。何が不安って、黒猫が桐乃を義妹呼ばわりするネタをPSP版で使ったということは、まさか原作ではそんな展開にならずにハートフルボッコになるのでは、ということ。やだやだ、原作は黒猫エンドにならないとやだやだ!(駄々っ子)(きめえ)
スポンサーサイト

comments

No title

シュタインズゲートのFDがでまっせ

No title

比翼恋理のだーりんですね。
一応プレイしますが、らぶちゅっちゅよりはシナリオあってほしいなあ。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。