スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひまわりプレミアムファンブック』感想

100725.jpg
「それじゃあ、お姉ちゃん――死んでくださいです!」

7月26日発売の『ひまわりプレミアムファンブック』が23日時点で書店に置かれていたため購入、即読了。
手に取ったときは、ファンブックにしてはページ数少なめだなあと思ったけれど、別にそんなことはなかったぜ。
以下、本書の感想を箇条書き。

・全96ページ。イラストよりテキストの量が膨大なので読み応えバッチリ。
・第一章。宇宙開発の歴史について。この時点で文量が異常。だがそれがいい。
・第二章。キャラ紹介と分析。普通ならイラスト重視なところをテキスト重視。だがそれがいい。
・第三章。宇宙ステーション、高々度旅客機について。イラスト込みで大解説。だがそれがいい。
・第四章。現実のロケット、銃器について。北海道宇宙科学技術創成センターとかガチ話。だがそ(ry。
・第五章。イラストギャラリー。ようやく普通のビジュアルファンブックっぽい項目。ペロペロ。
・幕間。声優対談。野中藍・田村ゆかり・高橋美佳子のひまわりヒロインズがアレやソレ。俺得。
・第六章。日向宗一郎による記事と、その解説。高校生物の集大成。教科書か。膨大な文量はご褒美。
・第七章。ゲーム内紹介。解説ではなく紹介なので注意。購入者はクリアしてるだろうし必要なかったかも。
・第八章。製作設定集。ボツ絵はPSP版に含まれていたりとニヤリ。ラフ画のアクアやアリエスにペロペロ。
・第九章。設定解説。ルナウイルスについてを1ページで解説。続編フラグ消失で俺涙目。ちょっと凹んだ。
・第十章。ごぉさんと、たつきちさんのインタビュー。明香は白髪で、実は染めている驚愕の事実発覚。
・第十一章。あとがき。ファンディスク=アクアアフターを作ってる旨。既に完成した模様?


明香の白髪設定は予想外だった。てっきり、アリエスとアオイは遺伝子いじった影響で白髪なのかと。
つまり、明香里(黒)の娘たちは、明香(白):アオイ(白):アクア(黒):アリエス(白)=3(白):1(黒)
奇しくもメンデルの法則(分離の法則)のような結果になったわけですか。エンドウマメ姉妹と呼称する(嘘)。

続いて、外伝ドラマCD「スターチャイルドプロジェクト」について。
まさかの新キャラのオンパレード。そして、ひぐらし出題編に近いダークストーリー
ギャグやイチャラブを想像していたのでハートフルボッコにされました。だがそれが絶頂(←変態)。
以下、CDの感想を箇条書き。

・収録時間60分と書籍同梱のドラマCDとしては豪華仕様。
・アリエル。宇宙ステーション「あじさい」で暮らす、アリエスのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。
 アリエスの“摘出”に匹敵する、“解体”を行なった少女。彼女の遺伝子はヤバイことが判明した瞬間だった。
・アマルティア。宇宙ステーション「あじさい」で暮らす、アクアのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。
 アクア同様に酷い目に遭う。彼女の遺伝子は根っからの不幸体質なことが判明した瞬間だった。ペロペロ。
・アイトネ。地球の中学校に通う、アオイのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。あじさい出身。
 相変わらず真っ先に精神不安定に陥り、真っ先にバラバラにされた少女。死に癖がついてる遺伝子。
 2048年の春休みに東京の明香の部屋に宿泊したようだが、既に宮浦にいる明香と知り合いなのかは不明。
・ハル。宇宙ステーション「あじさい」を制御・管理するAI。アリエル曰く、友達。そして予定調和の暴走役。
 他の宇宙ステーション「もくれん」「すいせん」「さざんか」、破棄された「ひなぎく」にもAIが搭載されている。


アオイ・アクア・アリエス以外にも似たようなデザイナーズチャイルドが存在するとは、彼女らの検体番号からも予想していたけども、まったく同じ遺伝子をもつ三人のクローン体が他ステーションにもいて実験が行なわれているとは予想外。アマルティアたち同様、「ひなぎく」の彼女らも死亡したようだけれど、他ステーションのクローン体も死亡しているかは不明。生存していれば続編で登場させたりできそうだけれど、続編を製作する気はないとのことなので残念。とりあえずアクアのクローン体を嫁に下さい(本音)

本書・ドラマCDともに値段分の価値がある一品でした。大満足です。
スポンサーサイト

comments

No title

こっ怖すぎた、、、、、自分はホラー&リョナ系好きですがこれを聴いた時には怖かって怖すぎますね、、、、

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。