スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ef - a fairy tale of the two.』感想


※コメント非表示推奨(ネタバレ回避)


オープニングムービーに『秒速5センチメートル』『雲のむこう、約束の場所』『ほしのこえ』などの受賞作品で世界的に有名な新海誠氏を何故か起用したことで、「≪ジャンルは18禁ゲーム、ただしアニメーションは世界最高峰≫みたいなっ!」とファンを魅了する『ef - a fairy tale of the two.』は、作品としては付け入る隙の無い完成度を誇りながらも、エロゲとしては「違うな、間違っているぞ!\(●)/」状態と言えるでしょう。だがそれがいいと専らの噂。

これらの前情報から、「どうせ映像だけが神で、肝心の内容は並なんでしょ? ウサウサ!」と侮っていた自分は、真夏に常温で二週間放置した牛乳に浮かぶ羽虫にも劣る存在だと知りました。さすがだよ、非の打ち所の無い作品だった。エンディングテーマの出だしで泣いたよ、完敗だ。発売直後にプレイしなかった過去の自分に、「パンを尻にはさんで右手の指を鼻の穴に入れて左手でボクシングをしながら『いのちをだいじに』と叫びつつ死ね!」とギアスをかけたい。何で夏コミでドラマCDを買ってこなかったの!ばかばか、あたしのばか!(きめえ)

さて、本作は二部構成であり、前編の『the first tale.』は2006年12月22日、後編の『the latter tale.』は2008年5月30日に発売され、前編は『ef - a tale of memories.』の題で、2007年10月~12月に全12話でアニメ化され、後編も『ef - a tale of melodies.』として来月からアニメ放送開始します。これも全12話。第一期の出来が良かったので、ひょっとしたらアニメだけで十分かもしれない。面倒になったので、基本的な事はググレンラガン。


・『ef - a fairy tale of the two.(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ef_-_a_fairy_tale_of_the_two.


一応18禁ゲームであるにも関わらず、主人公5人中の4人が、以前(頭の悪い)記事にした『テイルズオブシンフォニア~ラタトスクの騎士~』のエミルやリヒターさん、その他テイルズの主人公や隠しボスに非常によく似た声の人が登場するのは気のせい、幻聴です。だが俺歓喜。釘宮もいれば良かったのに。(ねーよ)

前編である一章・二章は学生少女漫画家であるエミ……広野紘と、同級生の宮村みやこ、妹役の幼馴染の新藤景、紘の親友の堤京介が織り成す極めてフッツーな青春ストーリー。何故かアニメでは宮村さんにヤンデレの精霊が降臨したので、やや胃が痛くなりますが、展開的にドラマ性が強いので万人向け。ただし二章が存在抹消に召されました。哀れ景と京介。 別に景と京介はそこまで好きじゃないからいいけど。

後編である三章・四章・五章ですが、三章はゲームに先んじてアニメ第一期で放送されました。これまたアニメの方が展開的にドラマチックなので万人向け。三章は高一の麻生蓮治と、四年前の事故で記憶が十三時間で消えてしまう障害を持った新藤千尋の頑張り物語。つまり、明日の私は今日の私じゃないわけだ、ははっ。前編に比べて途端に話が重くなりました。

四章は天才ヴァイオリニスト久瀬修一と、いつでも心はミサイル逆噴射な中三少女の羽山ミズキがくんずほぐれつ……待て、少なくとも久瀬さんは二十代後半(推定)ではなかったか。なんて羨ま……けしからん! ちょっとヴァイオリニストになってくる! そんな犯罪臭が漂う四章ですが、話の内容はヘビーです。章を増すごとに話が重くなってないか。来月のアニメは、ここからスタートなのかな? 久瀬の声はコーラサワーなかほり。

最終章として全ての話が収束する五章は、今までの章で主人公とヒロインに度々助言を与えてきた、物語の中心人物である二人、火村夕と雨宮優子の過去が明かされ、うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ――――!!!(ハート☆フル☆ボッコ)
プロローグ時点で物語が終結している『ef - a fairy tale of the two.』という作品の構成上、救済の余地が皆無なのでアニメも絶望的。やってくれたなユーフェミア(無関係です)。 ラストの「奇跡なんてない。あるのは必然と偶然、そして自分が何をするか」に対応する台詞が悲しすぎる……。うおお、アニメでも同じ結末だったら天使の階段のぼっちゃうよ……!! 絶望を確認する希望があるので、来月からのアニメ第二期に期待。

エンディングテーマの「どこまでも どこまでも走れ 腕の中 愛抱きしめて走れ 翼なんて無くてかまわない だから届けて ふたりへ 永遠にかわらぬ あの空」という歌詞がうぎぎ。 ふたりって、ふたりって、うあああ。

せめてアニメでは生きて幸せになってくれ……頼むよ……(´;ω;`)ウッ 


総評 今をどう生きるかを問う話。ハートフルとハートフルボッコが両立します。
スポンサーサイト

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。