スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 真剣で私に恋しなさい!S


「こ、この闘気…川神院の方から? 何がおきてるの?」
「…モモ先輩でも学長でもない…一体誰の…」
「なんつう莫大な闘気だ…いないはずだろこんなの」
「…っ! な、なんだ誰だこの気の持ち主は…!」
「押し潰されそうな重圧…これは」
「…川神の方から感じる…まずいなぁ」


お母さん、川神市は今日もハチャメチャ(ドラゴンボール世界)です。

・真剣で私に恋しなさい!
http://minatosoft.com/majikoi/index.html
・真剣で私に恋しなさい!S
http://minatosoft.com/majikoi-s/index.html


【シナリオ】 A
本来、『真剣で私に恋しなさい!』のファンディスクの位置付けだった本作。本編の各ヒロインルートの後日談や、本編で攻略不可だったサブヒロインの補完ルートだけでは飽きたらず、数十人も新キャラ(言うまでもなく無駄に豪華声優陣。正直どうでもいいサブキャラに井上和彦さんを起用とか馬鹿なのだろうか。ありがとうございます。いいぞもっとやれ)を追加したボリュームたっぷりの新規ルートを作っている内に、ありのままに起こったことを記述すると気が付けばファンディスクというレベルを超越した正統なる続編になっており、何を言っているのかユーザーどころか当のクリエイターも分からなかったと思われる。嫌いではない。

後日談や補完ルートは、ヒロインたちとラブラブいちゃいちゃエロエロしまくるという、この手の作品のファンディスク本来の姿を体現した、言わば予想の範疇である特筆すべき点もない内容であったので割愛。いや、嘘。特筆すべき点あった。不死川心が可愛かった。やれば出来る子だと本編の頃から信じていました。にょほほ。

さて置き、肝心なのは新顔が大量投入された新規ルート。こんなに増えてます。増えすぎやん。だがそれがいい。実質的な新規ルートは松永燕ルート、九鬼紋白ルート、小雪ルートという名のグランドルートの三本立て。それぞれのルートで、幽☆遊☆白書の暗黒武術会的な武闘大会(実況の中の人が同じ)、九鬼で執事役をこなしながらの人員スカウト、梁山泊や反乱分子との最終決戦など見所があり、王道な展開にイイ感じで燃える出来。相変わらず大半のシーンにパロディネタが仕込まれており、シリアスなのかギャグなのか判断に迷います。すべてのネタを拾える人などそうそういないので問題はないのだろうか。いやその理屈はおかしい。

個人的な不満を挙げるとすれば、ラスボスさんはもっと理不尽な強さを発揮してもよかったのでは、と思わないでもない。モモ先輩と一度もぶつからずに終わってしまうより、燕先輩とモモ先輩がタッグで打ち倒すくらいの熱い展開が欲しかった!(個人的な趣味です)

まあ、燕先輩が腹黒かわいかったので大方満足です。


【キャラクター】 A+
再・こんなに増えてます。上で述べた通り、無駄に豪華声優陣であり、サンプルボイスを聴いただけで「あんたかよ!」と突っ込んでしまう程。個人的に中の人で驚いたのは、松永久信役の小野坂昌……もとい、リカルド大吉さん。この人、エロゲ出演OKになったんですね。他にも超ベテランが大勢出演しており、相変わらず本作だけでガンダムやらテイルズやらが数本作れてしまうという馬鹿げた豪華さに屈服。豪華声優を強いられているんだ。声フェチの自分にはたまらない作品となっております。不死川心は可愛い。燕先輩に飼われたい。

あと、釈迦堂でもアウトなのに、カラカルは完全にアウトォー!(嘘喰い的な意味で)
この作品のせいで、まだアニメ化もしてないのに、嘘喰いの声優が脳内で決まりつつある……。


【システム】 A+
アニメーションすげぇの一言。全容量の4割近くがアニメーションってどういうことだってばよ。
そして、ここ数年の戯画システムの安定感は異常。でも相変わらず戦闘CGは少ないのよね。


【総評】 A+
『真剣で私に恋しなさい!』のファンには満足できるであろう一品。
逆に言うと、というか言うまでもなく、前作未プレイの方は門前払いなので、まずは『真剣で私に恋しなさい!』をプレイした上で、作風が気に入ったのならば購入すればいい、というある意味で分り易い作りなのは評価点。最近のシリーズ作品を例に出すと、『神咒神威神楽』や『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』などは前作と地続きであっても作風が異なるので、「前作が好きだから今作も好き」とは一概に言えなかったりする。その点、本作は完全に同一作品なので安心してプレイできます。良いことだ。

というわけで、豪華声優陣とパロディネタが大好きな方には、前作合わせてオススメです。
今回はHUNTERXHUNTERや幽☆遊☆白書のネタが多かった。あと何故かFF5。なんでさ。
スポンサーサイト

【ひまわり】 ハッピーバースディ、アクア!2

120122-00.jpg

Happy Birthday Aqua!

毎年恒例(当たり前)、1月22日はアクア嬢(同人ゲーム『ひまわり』)の誕生日でございます。
本日は我らがアクア嬢の生誕祝いに特上寿司(※駅ビルで買える程度)をお持ち致しました。

120122-01.jpg

ケーキは栗的なアレです。アクアには是非とも自分のマロンを味わって頂きたい。

以上、簡易的ながら久方振りのひまわり記事でした。
アクア誕生日おめでとう(^ω^)ペロペロ

【感想】 輝光翼戦記 銀の刻のコロナ


                    「目には目を、歯には歯を……!!」
             「輝光翼には、輝光翼を……! これで、どうよ……っ!!」
        「これが、最後の最後……全力のあたしの歌! 戻って来なさい、コロナ!!」



なんてこった!今作キャラが弓那に出番を喰われちゃった!この人でなしー!

さて、まずは新年明けましておめでとうございます(おっそい)。1月も後半にさしかかって、ようやく新年の挨拶とはふざけてるわね…とめんまのお母さんに怒られるレベルですが、それよりも前回のエロゲ感想記事が三ヶ月前という驚愕の事実のほうが本当にふざけてるわね…。このままではエロゲマイスター(笑)に成り果てそうなので、今後は名誉挽回とばかりにエロゲプレイに勤しみたいと思います。

というわけで、とりあえずは昨年末の作品を消化していこうと思い立ったので、記念すべき新年一作目は2011年12月16日に発売した『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』――前作『輝光翼戦記 天空のユミナ』に続く、輝光翼戦記シリーズの第二章となります(前作に関しては数年前の感想記事を参照)。……ああ、ちなみに、前作のようにクリアするまで92時間かかるといった高すぎるハードルは存在しないゆえ、安心して頂きたい。

・輝光翼戦記 天空のユミナ
http://www.eternal-will.jp/yumina/
・輝光翼戦記 銀の刻のコロナ
http://www.eternal-will.jp/corona/


【シナリオ】 B+
紫色の光が満ちる『真夜』と呼ばれる特殊な空間で、世界を滅ぼさんと迫り来る強大な敵と、世界の命運を賭けて仲間たちと共に立ち向かうが、どうあがいても世界は滅びという結果に収束してしまう――≪彼女≫は何度も時間を巻き戻し、その先の未来に辿り着くため、再び袋小路と化した運命に挑む――。

前作と違って、最初から桁違いにシリアスですね!(弓那が怒り狂いそうな発言)
『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』と『魔法少女まどか☆マギカ』を足して割った、と言えば舞台設定と物語の概要は大体伝わると思うので、ここでは前作『輝光翼戦記 天空のユミナ』との関連性について言及したい。

結論から言うと、前作をプレイしていないと終盤の展開で置いてけぼりになる、という安心の『神咒神威神楽』仕様。駄目やん。タイトルに「輝光翼戦記」という単語が付いていることから、前作の続編ないし関連作であることは窺えるので、『神咒神威神楽』よりは親切設計かもしれないが、肝心の前作が超膨大なプレイ時間を要するので心折設計でもあるという不可避の罠。だが前作プレイ済みの自分に隙はなかった。ほほほ。

前作経験者の方は知っての通り(まあ、数年前なので忘れている可能性も否めないが)、本シリーズは単一世界(宇宙)ではなく複数の世界(宇宙)が存在しているという世界観であり、今作の舞台は、前作の「ラドッシェウス」「オーダクル」とはまた異なる「レムソーサ」と呼ばれる世界(宇宙)である。これらの設定が明かされるのは終盤に前作キャラたちが合流してからで、そのまま普通に「オーダクル」にも舞台が移ったりするので、前作を知らないと何が何やらという前後不覚の状況に陥る可能性が高く、やはり前作のプレイは必須。逆に、前作を知っていればニヤリとできる展開が目白押しなので、純粋に燃えて楽しめること請け合いです。

ただ、エピローグが短いのが悔やまれる。後日談の大半がエロって…。


【キャラクター】 A
前作キャラが登場するやいなや、今作キャラのほとんどが空気になった…! いや、まあ、弓那・雲母・藍・歩武のキャラが濃すぎるので仕方ないんだけどさ…! もうちょっと今作キャラの活躍の場が欲しかったけれど、自分の贔屓の雲母部長の出番が多かったので概ね満足です。今作主人公の統果は、元・邪気眼&ぼっちという設定が珍しくて面白かった。完全に邪気眼から抜け切れていないのが笑いを誘う。前作もファンディスクが優秀だったので、今作でも期待したいところです。ちなみに、今作での自分のお気に入りキャラは、一乃谷刀子さんです(『あやかしびと』のキャラじゃねーか)。


【システム】 A+
『聖なるかな』だコレ!(率直な感想)
永遠神剣シリーズの製作スタッフさんらが手がけているので、不思議でも何でもないですが、輝光翼戦記シリーズをプレイしているのか永遠神剣シリーズをプレイしているのか途中でわからなくなったよ!というのは大袈裟であるものの、それ程に『聖なるかな』だったという印象。自分は永遠神剣シリーズが大好物なので、懐かしく楽しめました。システム面に関しては「はいはい聖なるかな聖なるかな」と言っておけば問題ないので感想を書く方も非常に楽であり、これがWin-Winの関係というものでしょう。前作のダンジョン探索は、ちょっとプレイ時間が逼迫するのでね!

あ、ラスボスさんは強かったです。総力戦でした。途中から恵理でハメましたが。


【総評】 A-
永遠神剣シリーズ寄りの輝光翼戦記シリーズ。異能力+ループものという厨二要素が満載なので、自分同様に厨二病な諸兄らには食指が動くであろう作品ですが、あくまでシナリオよりもゲーム性重視なので、戦闘パートをメインに物語の雰囲気を楽しみたい、という方にオススメ。この条件に加えて、さらに前作プレイ済みという最難関ハードルが付与されるので布教し難いったらありゃしませんが、2011年12月22日に『輝光翼戦記 天空のユミナ 廉価版』が発売されたので、興味と時間とやる気のある方は、こちらから是非ともプレイしてみて下さい。

P.S. 俺の嫁ベリダディアに関する物語は次回(第三章)以降をご期待下さい!
プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。