スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 穢翼のユースティア


「あたしは教えて欲しいんだ、人生の意味ってのをね。殺して殺して殺し回っていれば、
 いつか誰かが教えてくれるんじゃないかと思ってるんだが、カイムはどう思う?」


・穢翼のユースティア
http://august-soft.com/eustia/

某RPGシリーズに「生まれた意味を知るRPG」という固有ジャンル名の深淵がありましたが、そのベクトルに則ると『穢翼のユースティア』は「生まれた意味を知るADV」になるのでしょうか。ヒロインの名前が「ティア」と一致しているのも天使様のお導きに違いありません。また、某RPGのニンテンドー3DS版は2011年6月30日に発売予定です、とシリーズファンとして布教します。自分は買いませんが。

ちなみに、「生きる意味を見つけるRPG」という真実もありますが、あちらは携帯電話用アプリケーションゲームとして世に生み出されて爆死なされたものであり、自分も未プレイなので知りません(どうでもいい)。


【シナリオ】 A
オーガスト、正直スマンカッタ。

自分の中でのオーガストが『月は東に日は西に ~Operation Sanctuary~』で止まっていることもあり、今まで“オーガスト=シナリオが薄いキャラ萌えゲー(エロは良いよね)”というオーガスト像を胸に抱いていましたが、『穢翼のユースティア』はそのふざけた偏見をぶち壊してくれました。「固定概念だな」と法月のとっつぁんに暴力で指導されるレベル。痛み、恐怖、悔恨……顔から血の気が失せ、胃が痛くなるような感覚を決して忘れるな。どちらかと言うと、今作で大きな方向転換を試みた感があるので、従来のオーガスト像はさほど間違ってない気もしますが、それはそれ。オーガストはやれば出来る子だったということを素直に認めたい。

さて、オーガストの評価が上方修正された『穢翼のユースティア』ですが、実際の内容がどの程度だったかと言うと、目を見張る尖った部分はないものの、実に無難で堅実な作りの良作、といった印象。なにその抽象的な評価と言われそうなので(今に始まったことではないゾ)、たまには具体的な内容に触れたことを書きたい。本作の話の本筋は“プロローグ→一章(フィオネ)→二章(エリス)→三章(コレット&ラヴィリア)→四章(リシア)→五章(ティア)”という流れであるが、各章では選択肢によっては本筋から分岐し、その章において該当ヒロイン(括弧内のヒロイン)とのエンディングを迎えるという構成――有名所(注:偏見)では『Steins;Gate』『G線上の魔王』などと同様のプロットであり、これはシナリオのメイン(正史)とサブ(if)がはっきり区別されていて解りやすい。つまり作品の根幹が明確でプレイヤーが混乱しない。これが先の無難で堅実な作りという印象の理由の一つ。

続いて、肝心のシナリオ。真っ先に思ったのは声優豪華すぎワロタ。いやそれはシナリオ関係ない。関係ないが声優が豪華であることは、声フェチというか声ミーハーな気がある自分にとっては、その作品のキャラクター、ひいてはシナリオを彩る個人的な評価プラスポイントであり、決して見逃せない重要なファクターである。唯一の欠点は声優さん自身が有名なため抜き難いや何でもない。余談だが、ヒロインに某軽音楽部アニメの澪さんがいらっしゃる、ような……表名義を隠す気は微塵もないようなので、今後のメディアミックスに期待したい。

閑話休題。シナリオの話でしたね、うん。本作のシナリオは、各章で各ヒロインについて掘り下げる――各ヒロインに関する何らかの事件が起こり、主人公が解決することでヒロインとの仲を深める、といった王道展開。先の構成では、最終章において、それまでの章のヒロインが空気になるパターンが多い(事実、『Steins;Gate』でも前章までのヒロインは終盤空気だった)のですが、本作では出番が用意されていました。皆無ではありませんでした。主人公の名前がカイムだけに。黙れ!
個人的にグッドだった部分は、最終章でそれまでのヒロイン全員がカイムの味方につくのではなく、一部は対立させたところ。物語のクライマックスで、今までに関わったキャラクターたちが助けに駆けつけてくれる燃え展開も良いが、その逆も悪くない。誤解やすれ違いから真実を知らない仲間が敵対する展開は、普通なら主人公視点から見て浅慮に映るところが、今回ばかりはカイムのヘタレっぷりから生じた当然の帰結、自業自得なのも珍しい。長い目で見ればトゥルーエンドだけれど、部分的に見るとバッドエンドだろ、あれ……あーん!ルキウス様が以下略!

落とし所(ノーヴァスアイテル的な意味ではない)としても妥当、無難、王道の範疇だったのでグッド。
だが、ヒロインが牢獄民に陵辱されるシーンがないのは絶対に許さない(人格を疑われる発言)。


【キャラクター】 A
べっかんこう氏、正直スマンカッタ。

自分の中でのべっかんこう氏が『月は東に日は西に ~Operation Sanctuary~』で止まっていることもあり、今まで“べっかんこう絵=ヒロインの顔が同じ判子絵(エロは良いよね)”というべっかんこう像を胸に抱いていましたが、『穢翼のユースティア』はそのふざけた偏見をぶち壊してくれました。「固定概念だな」と法月のとっつぁんに暴力で指導されるレベル。各キャラで立ち絵の顔の向きが違うとか、そういう単純な描き分けの部分だけではなく、全体的に上手くなっておる――というか、八年経ってればそりゃあ変わるか。某鍵の絵師さんだって変わったもの。いやはや申し訳ない、夏コミではロケット野郎に並ぶのもワンチャンある。

絵の話はさておき、登場人物について。冒頭で人生の意味うんぬんに触れましたが、主要人物が漏れなく自分の生きる意味について葛藤しており、立場によってその在り方も十人十色でキャラ付けされてるのが好印象。終盤に至っても、エリス、コレット&ラヴィリア、リシア、ジーク、ルキウスらとは異なり、カイムとフィオネは未だ定まらずに揺れているのもキャラ付けされていると言えるか。まあ、カイムは各章でヒロインに生き方を説教する割に、最後の最後まで自分自身はブレているというヘタレ具合であり、見ていてイライラしたけれど、それはそれ。ティアはアホの子だし、アイリスは可愛いし、ガウさんみたいな狂戦士キャラは大好物だし、アイリスは可愛いしで良いと思います。だが、ヒロインが牢獄民に陵辱されるシーンがないのは(以下略)。


【システム】 A
文句なし。基本システムも音楽も実にグッド。サントラ欲しいです。
どうでもいいが、緊迫したシーンのBGMである「Heavy Strokes -ヘヴィ・ストロークズ-」が、シュタゲの同様シーンで流れる「Assailant」とメロディが酷似していて吹いた。慣れるまで黒羽に襲われてるんだか、ラウンダーに追われてるんだか集中力を掻き乱されたのは自分だけではない……はず。


【総評】 A
高水準の異世界ファンタジー作品(陵辱はないよ)。

内容については上で述べた通りなので、改めて言うことも無し。様子見している方は購入をオススメ。少なくとも、同日に発売された大なんとかよりは満足できた。ジャンルが果てしなく違うので比較するのもアレですが。
ちょいダーク成分が含まれた異世界ファンタジーは大好物であるがゆえ、オーガストは今後もユースティア路線でやって頂けると非常に嬉しい。あと、できれば和姦以外の調味料も加えてくれると世界観に味が出てですね。いや、だってさ、スラムと半一体化した牢獄という最低層な舞台でありながら、浮浪者に無理矢理というシーンがないのは逆に不自然ではなかろうか。娼館という要素ももっとエロ方面で有効活用すべきではないか。だめですか。そうですか。

次回作も似たような作風なら購入確実。
スポンサーサイト

☓ 大帝国  ○ 大ツクール

110515-00.jpg
プレイヤー「もう何も恐くない」

・自作の提督を追加する方法
http://www.alicesoft.com/daiteikoku/special16.html

先日(5/12)公開されたアップデータver.1.02により、自作のユーザー提督を登用可能になった『大帝国』。提督レベルやスキル、(指揮値以外の)性能をお好みで設定でき、初っ端から1ターンにつき2名ランダム登用可能(上限なし)というチート仕様なため、元々の日本帝国所属の提督なんていらなかったんやと、今日も戦域では他作品のキャラクターが跋扈しております。気がつけば『大帝国』というか『大ツクール』になっており、「今わかりました!『大帝国』はキャラゲーだったんですね!」とカトル君も興奮冷めやらずイヤッホオォォォォォォォウ状態。ポッと出のキャラクター(from別世界)に出番を奪われ、さすがの東郷長官も任務放棄し、娘と旅に出てしまうのではないかと懸念されています。

110515-01.jpg
「やめてよね…本気で戦争したら、ダグラスが僕に敵うはずないだろ…」

このユーザー提督、作中最強を誇るHP26280の大怪獣ガワタスガル・ビゥですらワンターンキルしてのけるチート性能を設定できるバランスブレイカーなため、全エンディング制覇後に使用するのがよろしいかと思われます。こんなの絶対おかしいよ。だがそれがいい。

【感想】 大帝国


「俺達大人の仕事は、子供達に幸せな未来を作ってやることだ。この戦い…絶対に勝つぞ」


  ――――『大帝国』は大変なものを盗んでいきました。私たちのゴールデンウィークです。――――

感想を書く前に言っておくッ!おれは連休中に『大帝国』の全エンディングを体験した。い…いや…体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!「おれは連休の始まりと共に『大帝国』をプレイ開始して、ようやくクリア完了したと思ったらいつのまにか連休も終わっていた」。な…何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…キング・クリムゾンだとかメイド・イン・ヘブンだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。

時間泥棒として定評のある『大帝国』に貴重な連休ポイントを全消費させられましたが、その甲斐もあって全エンディングを制覇できたので後悔なんて、あるわけない(泣き笑い)。一周クリアに丸一日を必要とするため、周回プレイを開始するたびにその日の何もかもを諦めなければならず、こんなの絶対おかしいよ状態。どう見ても自業自得です。本当にありがとうございました。ああ、分かってた。最初から分かってたことだろう…?

そんな『大帝国』。ネット上では期待に沿わなかったと残念な声が目立つけれど、少なくとも自分は先日紹介した前作『大番長』から劇的な進化は遂げなかったものの、同程度には作りこまれており、すなわち従来レベルの楽しめるゲームとしての水準は満たしていたと評価する。巷で指摘されているように、惜しかった部分が多い作品なので、「ここは○○すべきだった」という点に重点を置いて感想を綴りたい。

余談。発売前から「オープニングアニメーションから漂うテイルズ臭が異常」「Tales of Empire(苦笑)」などと各所でネタにされてましたが、本当に絵コンテ・演出・作画監督がテイルズの松竹徳幸さんだったでござるの真希ちゃん。スタッフロール見て吹いた。何やってんすか。いいぞもっとやれ。


【シナリオ】 B+
そんなものはない。

嘘です。あります。前作『大番長』程度には用意されてます。こんな感じです。

統一宇宙暦ゼロ年。
ワープゲートを利用し、星域間を瞬時に移動するワープ航法が発見された。
ワープゲートが徐々に見つかり、世界が繋がってゆく。
大航海時代の幕が開け、様々な国家が産声をあげ、あるいは滅んでいった。

それから数百年。
星域ネットワーク図は現在の形に近づき、
人類は限られたこの世界を奪い合ってゆく。

エイリス帝国は世界の半分を支配下においた。
しかし百年と待たず、独立戦争が勃発。ガメリカ共和国が誕生する。

革命、独立、侵略。戦火は世界のどこかで灯り続ける。
やがて各国は同盟を組み、連合を作り……初の世界大戦を迎える。
多くの犠牲を払った激動は富を生み、それを得た者をさらに貪欲にさせた。

だが日本で現在の帝が即位した頃、大恐慌が発生。
世界を蝕む不景気は各地で政権への不満を高めてゆく。

革命が人類統合組織ソビエトを新たな凍土の主とし、
天才総統がドクツを敗戦からよみがえらせた。

統一宇宙暦939年現在、三つの大国が戦争を求め、開戦を目論んでいる。

エイリスではその鎮圧プランを議決。
世界を巻き込む大きな戦果が再び宇宙に灯ろうとしている。
日本帝国もまた、その潮流から逃れられはしないだろう。

第二次宇宙大戦、開戦―――
                              大帝国 宇宙史より抜粋


オオサカが舞台の『大悪司』、日本全土が舞台の『大番長』とくれば、『大帝国』の舞台は全世界――
―――と見せかけて、まさかの宇宙。モデルは世界各国ですが舞台は宇宙。その発想はなかった。
過去作と比較すると、スケールが無駄に格好良く壮大になっております。ビューティフォー。
しかし、あくまでゲーム性がメインの作品なので、本編内のシナリオはお察し下さい。

基本的にガメリカ、エイリス、ソビエトら三大国との戦争に勝利し、世界統一するとエンディングになります。
あるいは、ドクツ・イタリンと三国同盟を結び、劣勢にあるドクツを救済すると三大国が滅びる展開に進みます。

以上。

まさかの以上。まさかの二パターン。序盤の世界日本化の選択肢はシナリオ展開には無影響。
ガメリカ√、エイリス√、ソビエト√なんて存在しなかったんや。ドクツ√だけで我慢してね!(半泣き)
ネット上の批判の大半は、ルートが極端に少ないことに尽きるのではなかろうか。俺らの治安が緊張。
まあ、大番長も二パターンの実質一本道だったので予定調和といえば予想通り。想定の範囲内だった。

エンディングは全九種。その内、一種はある条件を満たしてクリアした後に開始できる外伝のエンド。
いわゆる陵辱サイドと呼ばれるもので、ハードでリョナ展開なため誰得との声が多数。俺得だよ(最低)。

また、本編内でありとあらゆるフラグを立てて、ようやく突入できるのが真エンド。
全エンディングを制覇するまでは、意地でも攻略サイトを見ないという縛りプレイを敢行したため、
世界統一後に真エンドのイベントが発生したときの喜びは異常でありました。ほぼイキかけました。
真エンドにふさわしい某グレンラガン的な展開で、まさに大好物。むしろ帝ちゃん風に言うと超好物。
ラスボス戦のBGMはお約束のアレ。バルドシリーズといい、やっぱ最終決戦はアレだよな、うん。

ふむん。ストーリーに関しては、やはりガメリカ√、エイリス√、ソビエト√がなかったのが痛い。
あとはキャロルとスカーレットさんのイベントをだな……もう少しだな……いや、何も言うまい。


【キャラクター】 A+
相変わらず、多すぎて何を書けばいいのか分からないレベル。エロが多いのは素晴らしいよな。
仕方ないので、主人公である東郷さんと、ヒロイン(笑)だった方々+αに限定して述べたいと思う。

・ 東郷毅(日本帝国)
本編主人公。非リア充がドン引きする程の高スペックで、イワシが苦手なこと以外は非の打ち所が無いパーフェクト超人。いわゆるイケメンであり、味方どころか敵の女性にすらモテモテ。しかも自他共に認める女たらしで、呼吸をするかのように女性を口説く。口説かれた女性は必ず絶頂する(実話)。無数のガールフレンドによる東郷シンパは一種の宗教と化していると言っても過言ではない。真希ちゃんという6歳の娘(かわいい)がいながら余所の女の場所に寝泊まりするのは親としてどうなのか、と思わないでもないが、おそらく東郷家の主な食事係であるアッキーに世話を頼んでいるのだろう。どちらにせよアウト人間ではあるが、自分は嫌いではない。欲を言えば、もうちょい等身大な東郷さんが見れるイベントがあれば嬉しかった。

・ 帝(日本帝国)
発売前は誰しもにメインヒロイン当確と思わせておきながら、結局は大多数のガールフレンドの一人という席に収まってしまった帝ちゃん。発表当時は名前と立ち位置から清廉で格式高い大和撫子な現人神かと期待されつつも、蓋を開けてみれば普通のノリがいい女子高生でした。頭も股も緩いと言ってやるでない。東郷さんの前ではすべての女性がビッチ化するという世界なのだから、別に帝ちゃんが悪いわけではない。頭が緩いことは否定しません。バイブ欲しさに55億人を見殺しにしたことは許してやるべきだと思います――(賢者の面持ちで)。

・ レーティア・アドルフ(ドクツ第三帝国)
ドクツが誇るアイドル総統閣下。唯一ドクツルートが用意されていることから、ヒロイン(笑)しかいない本作の中では破格の待遇であると言えよう。男に騙されたり、中古アイドル呼ばわりされたりと散々な扱いだが、見せ場がない他ヒロインよりはマシだと思うんだボカァ。早い時期で仲間にでき、指揮値が高いことからも大変お世話になりました。

・ イーグル・ダグラス(ガメリカ共和国)
東郷さんと双璧をなす主人公候補かと思ったが、別にそんなことはなかったぜ。CORE出現パターンでは存在消失するため(おそらく死亡?)、他キャラに比べて仲間にする機会が少ない。しかも仲間にしても出番は特にないという不遇っぷり。対ガメリカ戦の序盤における彼が一番輝いていたよ――。

・ キャロル・キリング(ガメリカ共和国)
ヒロイン(笑)にすらなれなかった東郷さんの義妹。どうしてこうなった。
ツンデレ、金髪ツインテール、そして義妹という強ポジションを得ておきながら……。
しかも姉関連のイベントが皆無なのはさすがにフォローできない。キャロルは犠牲になったのだ…。

・ セーラ・ブリテン(エイリス帝国)
エイリス帝国の若き女王様。ワープゲート事故イベントが発生したときは、すわ個別ルート突入かと期待しましたが、やはりヒロイン(笑)を脱却することは叶いませんでした。しかもイベントフェイズに関しても、回想シーン一枚目を取る条件が非常に難しい(というか気付かない)というオマケ付き。また、戦力的にも彼女より母親のほうが圧倒的に強いというエイリスの悲劇。セーラも犠牲になったのだ…。

・ カテーリン(人類統合組織ソビエト)
冷静沈着、頭脳明晰な無口系少女かと思ったら、ただのクソガキでワロタ。
ヒロイン(笑)の中では、唯一東郷さんに抱かれなかった子でもある。
「気をつけ!礼!休むな!」は評価したい。特に理由はない。

・ キングコア(CORE)
陵辱サイドである外伝の主人公。この手の悪役は嫌いじゃない。もっと本編で出番があれば…。
どうでもいいが、容姿も口調が鋼の錬金術師のホムンクルス・グリードに見えてしまう不思議。

・ 大怪獣の皆さん
真エンドに関連する皆さん。人類の力が及ばない超怪獣とか大好物なので実に良い。
惜しむらくは、本編での重要な出番がまるでなかったこと。登場するだけして特に見せ場はない。

書いていて思ったが、どのキャラも「出番がない」ことが不満であることに気付く。
ゲーム性メインなのは分かるが、せめてもうちょい見せ場を増やしてあげてほしいなのよ?


【システム】 A
さすがアリスソフトの作品だけあって、全体的にシステムは水準以上。普通に面白い。
しかし、あるべきものがなかったりと、広く浅く不満点も多いことが鼻につく。以下箇条書き。

・大悪司、大番長、鬼畜王ランス、戦国ランスにあった地域イベントがない(論外)
・大悪司、大番長、鬼畜王ランス、戦国ランスにあったキャラクリがない(論外)
・イベントフェイズの多さの割に、一ターンに選択できる回数が一回固定と少ない(せめて二回に)
・HPが1でも減っていると侵攻に参加できない(せめて損害軽微なら参加可能に)
・提督移動他が面倒(ショートカットとして、Shiftキー以外にホイールクリックが欲しい)
・クリア特典が微妙(キャラクリがあれば提督の能力値上昇など見込めた)
・侵攻時に退却できない(せめて斥候スキルが欲しかった)

他多数。ここに挙げたものが最低限パッチで追加されると、とっても嬉しいなって。
そして前述の通り、ルートが少ないことも加わってネット上では不満の声が多い印象。
ううむ、元が素晴らしいだけに非常に惜しい。なぜ地域イベントとキャラクリを削除した…。


【総評】 A
以前、『大帝国』は絶賛すると言ったな。あれは嘘だ。

冒頭で書いたように、別に面白くなかったわけではなく、プレイ中は時間を忘れて楽しめたことからも、ゲームとしての水準は満たしていたことは確かであるが、やはり前評判からの期待という名のエベレスト級ハードル(高ぇ!)の前に敗れ去った感が否めない。前作から改良された部分も多いが(信頼度の廃止など)、上で述べたように改悪された部分が嫌に目立つので、手放しで賞賛することがし難い印象。何よりシナリオ面での手抜き(と言われても仕方ない)が痛い。個別ルートを用意して、各キャラが活躍できる見せ場を増やしておくだけでも大分評価が変わっただろうに……真エンドが王道展開で悪くなかった分、非常に惜しい。

不満点はさておき、『大悪司』や『大番長』に比べて特別劣っているわけではないので、地域イベント、キャラクリなどの要素がないことを許容でき、前作までが好きな方ならオススメ。また、壮絶な時間泥棒であるので、現実に支障をきたさない程度にプレイすることを推奨します。

総プレイ時間は100時間。地域制圧型SLGとしては充分に楽しめました。
シナリオ面に関してはランス・クエストに期待。裏切ってくれるなよ、アリスソフト――!
プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。