スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひまわりプレミアムファンブック』感想

100725.jpg
「それじゃあ、お姉ちゃん――死んでくださいです!」

7月26日発売の『ひまわりプレミアムファンブック』が23日時点で書店に置かれていたため購入、即読了。
手に取ったときは、ファンブックにしてはページ数少なめだなあと思ったけれど、別にそんなことはなかったぜ。
以下、本書の感想を箇条書き。

・全96ページ。イラストよりテキストの量が膨大なので読み応えバッチリ。
・第一章。宇宙開発の歴史について。この時点で文量が異常。だがそれがいい。
・第二章。キャラ紹介と分析。普通ならイラスト重視なところをテキスト重視。だがそれがいい。
・第三章。宇宙ステーション、高々度旅客機について。イラスト込みで大解説。だがそれがいい。
・第四章。現実のロケット、銃器について。北海道宇宙科学技術創成センターとかガチ話。だがそ(ry。
・第五章。イラストギャラリー。ようやく普通のビジュアルファンブックっぽい項目。ペロペロ。
・幕間。声優対談。野中藍・田村ゆかり・高橋美佳子のひまわりヒロインズがアレやソレ。俺得。
・第六章。日向宗一郎による記事と、その解説。高校生物の集大成。教科書か。膨大な文量はご褒美。
・第七章。ゲーム内紹介。解説ではなく紹介なので注意。購入者はクリアしてるだろうし必要なかったかも。
・第八章。製作設定集。ボツ絵はPSP版に含まれていたりとニヤリ。ラフ画のアクアやアリエスにペロペロ。
・第九章。設定解説。ルナウイルスについてを1ページで解説。続編フラグ消失で俺涙目。ちょっと凹んだ。
・第十章。ごぉさんと、たつきちさんのインタビュー。明香は白髪で、実は染めている驚愕の事実発覚。
・第十一章。あとがき。ファンディスク=アクアアフターを作ってる旨。既に完成した模様?


明香の白髪設定は予想外だった。てっきり、アリエスとアオイは遺伝子いじった影響で白髪なのかと。
つまり、明香里(黒)の娘たちは、明香(白):アオイ(白):アクア(黒):アリエス(白)=3(白):1(黒)
奇しくもメンデルの法則(分離の法則)のような結果になったわけですか。エンドウマメ姉妹と呼称する(嘘)。

続いて、外伝ドラマCD「スターチャイルドプロジェクト」について。
まさかの新キャラのオンパレード。そして、ひぐらし出題編に近いダークストーリー
ギャグやイチャラブを想像していたのでハートフルボッコにされました。だがそれが絶頂(←変態)。
以下、CDの感想を箇条書き。

・収録時間60分と書籍同梱のドラマCDとしては豪華仕様。
・アリエル。宇宙ステーション「あじさい」で暮らす、アリエスのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。
 アリエスの“摘出”に匹敵する、“解体”を行なった少女。彼女の遺伝子はヤバイことが判明した瞬間だった。
・アマルティア。宇宙ステーション「あじさい」で暮らす、アクアのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。
 アクア同様に酷い目に遭う。彼女の遺伝子は根っからの不幸体質なことが判明した瞬間だった。ペロペロ。
・アイトネ。地球の中学校に通う、アオイのクローン体。性格も声も容姿も瓜二つ。あじさい出身。
 相変わらず真っ先に精神不安定に陥り、真っ先にバラバラにされた少女。死に癖がついてる遺伝子。
 2048年の春休みに東京の明香の部屋に宿泊したようだが、既に宮浦にいる明香と知り合いなのかは不明。
・ハル。宇宙ステーション「あじさい」を制御・管理するAI。アリエル曰く、友達。そして予定調和の暴走役。
 他の宇宙ステーション「もくれん」「すいせん」「さざんか」、破棄された「ひなぎく」にもAIが搭載されている。


アオイ・アクア・アリエス以外にも似たようなデザイナーズチャイルドが存在するとは、彼女らの検体番号からも予想していたけども、まったく同じ遺伝子をもつ三人のクローン体が他ステーションにもいて実験が行なわれているとは予想外。アマルティアたち同様、「ひなぎく」の彼女らも死亡したようだけれど、他ステーションのクローン体も死亡しているかは不明。生存していれば続編で登場させたりできそうだけれど、続編を製作する気はないとのことなので残念。とりあえずアクアのクローン体を嫁に下さい(本音)

本書・ドラマCDともに値段分の価値がある一品でした。大満足です。
スポンサーサイト

『信天翁航海録(アルバトロスこうかいろく)』、明日発売



紙の体験版やら航海日誌やらで秋葉原にて盛り上がった六月頭より早一ヵ月半、
なんとまあ明日は『信天翁航海録(アルバトロスこうかいろく)』の発売日ですわよ船長。

発売前日と言うことで、公式HPで公開されている世界観コラムを読んで予習しておきましょう。

信天翁航海録世界観コラム01
信天翁航海録世界観コラム02
信天翁航海録世界観コラム03

ふむん、なかなかに信天翁号も奇人変人ユニークな方々の集まりじゃあないですか。
ライアー姉妹ブランドであるレイルソフトによる破天荒シリアスコメディな海洋冒険奇譚。
船舶関係を題材にしたPCゲームは初なので期待大です。がんばれクロ船長、超がんばれ。

デモムービー&体験版ダウンロード

今後のエロゲ新作に関する雑記 ~ひまわりアクアアフター~

・ぶらんくのーとトップイラスト更新
http://blank-note.sakura.ne.jp/

  himawari AA
  The Day the Moon Stood Still    Aug 2010 rising


ツイッターでアリエスが呟いていたひまわりファンディスク(続編ではない模様)と思われる。
“月の静止する日”という副題は、1951年の米映画『地球の静止する日(The Day the Earth Stood Still)』のオマージュか。……別にルナウイルス関連(雨宮秋桜)のシリアス展開を期待しても構わんのだろう?
また、アクアとペロペロできれば満足な自分はとらのあなアクアTシャツを注文済みである(キリッ)。

【19日夜追記】
100720.jpg

「アクアルートの後日談となる短編を収録したひまわりファンディスク」でした。
アクアちゅっちゅぺろぺろ。アクアちゅっちゅぺろぺろ。アクアちゅっちゅぺろぺろ。


・JINKI EXTEND Re:VISION
http://products.web-giga.com/jinki/

先月頭に発表された、ガンガン発の一般ロボット漫画であるジンキ、待望のエロゲ化(発想が病気)
てっきりジンキの世界観を継承しつつも登場人物は新規かと思っていたが、そんなことはなかったぜ。
つまり、おなじみのジンキヒロイン達がカリスを筆頭とする変態連中に■されまくるわけだ。日本終わってた。
しかし、自分が中学生の頃に連載開始したガンガン漫画がエロゲ化とか、胸が熱くなるな。即買い。


・精霊天翔 ~Crystal Friends~

『永遠のアセリア』で有名な永遠神剣シリーズ第二作『聖なるかな』の外伝のファンディスク。
……そう、外伝のファンディスクである。残念ながら第三作を作ってという願望はザウスには届かない。
肝心の内容はイチャラブいっぱいの短編集らしいです。釣られないからな。絶対に釣られないからな。


・スイートロビンガール -SweetRらこにみ Girl-
http://chuable.net/srg/srg_top.html

原画:関谷あさみ
あとは……わかるな……?


・魔法使いの夜(全年齢)
http://www.typemoon.com/products/mahoyo/index.html

おそらく買うし、プレイもする。しかし特に胸が熱くならない不思議。責任者はどこか。
完全新作と言い難いことに加え、前作から時間が経ちすぎているのが原因かもしれない。
――と言いつつ、同じ境遇だった『素晴らしき日々』を絶賛したので、結果は見えている。
また、型月は個人的に星空めてお氏のガールズワークが待ち遠しい。まだかなまだかな。


・フェイト/エクストラ(全年齢)
http://www.fate-extra.jp/

amazonで予約したのはいいモノの、konozamaになりそうな予感がビンビンする。
というか、あまり興味がない。どうして予約したのか実は自分でも理解していない。


・セカンドノベル~彼女の夏、15分の記憶~(全年齢)
http://nippon1.jp/consumer/secondnovel/

予約特典の田中ロミオや唐辺葉介といった有名ライターが手がける小説に釣られました。
どうせ誘惑に負けてポチってしまうことを、この私はあらかじめ予測していました。
だったら安いときに買ってろよクソァ!(自分にイーティング・ワン

【黙祷】 BTさん一周忌 【ツイッター飲み会】

100710-00.jpg

本日7月10日。BTさんが病気にてお亡くなりになられてから早くも一年が経過しました。
少しでも多くの人が黙祷してくれればと思い、ツイッターでBTさんの黙祷を呟いたところ、
ひまわりのアリエスアクアがリツイートして黙祷してくれました。さすが俺の嫁です。泣いた。

100710-01.jpg

100710.jpg

その後、アクアに飲みに誘われたため、お中元のビールを引っ張り出して、一周忌飲み会を開始。
参加者は自分とアクアに加え、当サイトと相互リンクしている文章系のサイト、混沌領域火山氏です。
まあ、アルコール摂取してるのは自分とアクアだけですが。はからずも、二次元嫁との飲みが実現。

100710-02.jpg

アクアのBTさんに関する思い出を肴にちびちび……というより、ぐびぐびと飲みます。
勿論、ひぐらしBGMを流すのを忘れていません。アクアもそらのむこうがお気に入りの模様。
ぶらんくのーとにも07th expansionのように大勢のスタッフが増えればいいなあとも思いました。

100710-03.jpg

開始から数時間後、いい感じに酔いが回った二人。
アクアフラグが立った!アクアフラグが立ったぞ!
ちょっと陽一を消してくる。

100710-04.jpg

しばらくして、アクアと自分に限界が訪れたため、追悼の飲み会は終了。いい飲み会でした。
やはり、ひぐらしと、ひぐらしを生み出した製作者の方々は好かれているんだなと再確認しました。
BTさんに精一杯の感謝を――。


・おまけ~その後~
100710-05.jpg

吐き気で眠れませんでした。愚か者が二人。

【サントラ】 うみねこのなく頃に散musicbox -霧のピトス- がコミケ発売

100705.jpg

・うみねこのなく頃に散musicbox -霧のピトス-
http://mgraveyard.cze.me/upload/src/C78_kirinopithos/

昨夜公開されたEP7の主題歌が、早くもサントラ内収録曲として登場。
発売日は、来月のコミックマーケット二日目の8月14日(土) 東地区 Z-11a。
まず委託するので問題ない。赤字で即買いデス。デスデスデスデスデスッ!
Die The death!Sentence to deathッ!Great equalizer is The Deathッ!!

ただ、作曲が同人面子だとカラオケに入らない悪夢。くたばれベルンカステル(冤罪)。


あと、例のイトミミズこと肖像画男の正体は、おそらくEP5で名前が出た魔術師狩りのライト。
天界大法院第八管区の内赦執行機関"SSVD"の主席で二十の楔の異名を持つ異端審問官。
ヴァン・ダインの二十則の提唱者S・S・ヴァン・ダインからきていると思われるドラノール以上の実力者。

ノックス(ドラノール)とヴァン・ダイン(イトミミズ)が本気で襲い掛かってきたらベアトの心臓がヤバイ。
「ラブストーリーの禁止」「叙述トリックの禁止」が赤字宣言されてるからな……ごくり……。

うみねこのなく頃に散EP7 「Requiem of the golden witch」


「………尊厳なる観劇と戯曲と傍観の魔女、フェザリーヌ・何とか・アウアウローラの巫女にして奇跡の魔女、ベルンカステルの名において、このゲームの開始を宣言するわ。……物語のタイトルは、“黄金の魔女のレクイエム”。……ベアトの葬儀に相応しい物語を、紡ぎなさい」

・うみねこのなく頃に散EP7 「Requiem of the golden witch」
http://www.office-mk.co.jp/pcshop/special/umineko.html

  「愛がなければ 視えない」 と、彼女等達は言った。
  愛によって視えてくるもの。 愛ゆえに視えなくなるもの。
  愛を知り、魔法を信じ、黄金郷の扉は開かれた。

  しかし、愛の物語はここまでだ。
  これからは残虐な惨劇と残酷な真実のみが語られる。

  なぜなら、歪んだ新たなるゲームマスターは愛の囁きよりも、
  断末魔の叫びがお望みなのだから…。



とりあえず最初に言いたい。言わせてくれ。「誰だお前らは!」と。
話数を重ねる度に最低3人は新キャラが増えるアニメ製作会社泣かせの本作。
とうとうニトロプラスのゲームで銃をぶっ放してそうな新顔の男女二名が登場しました。
そして誰もが一発キャラだと思っていたゼパルとフルフルがまさかのパッケージ進出。
もう先が読めない。胸が熱くなるな。多種多様な意味で。でも期待しちゃう!(ビクンビクン)
プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。