スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマCDひまわり発売日決定!我が軍の勝利だ!

091028.jpg
・ドラマCDひまわり 第一章「アリエス」前編/後編 発売日決定
http://www.hobirecords.com/himawari/

   ドラマCDひまわり 第一章「アリエス」前編/後編
    第一章「アリエス編」を、前編CD3枚、後編CD3枚の計6枚で完全再現。
    ■発売日 :2010年1月22日(金)
    ■価格   :【前編】定価3,570円(税込) / 3,400円(税抜)
            【後編】定価3,570円(税込) / 3,400円(税抜)


  おお、おお、素晴らしきかな。ドラマCDひまわり発売日決定である。
  現在時刻を記録せよ。クロック・クラック・クローム!
  貴様の望んだ“その時”だ! ロリコンよ、震えるがいい!
  第一章の発売日は今や盲目の生贄の前に!
  遍く者は見るがよい、これこそ、我が愛の終焉である。
  黄金螺旋階段の果てに! 我が夢、アクアへの愛のかたちあり!

  「第一章『アリエス』前編/後編」

  ……なんだ。アクア編じゃないのか。


一日千秋の想いで待ったドラマCDひまわりの発売日決定! 1月22日! 大勝利!
しかも同発売日の分割販売で7140円! ヤベェ! 超安い! 超お買い得!(←末期信者)
今から1月22日に向けて予告編でイメージトレーニングせざるにはいられないな(キリッ)。


・ひまわりDC:仮
http://blank-note.sakura.ne.jp/

ドラマCDのこと……なの……か?
これで続編とかだったら嬉しすぎてばんじゃいしちゃうゾ?

【追記】
ひまわりDramaCdの略だったようです。
スポンサーサイト

【訃報・追悼】 うみねこ製作スタッフのBT氏が逝去

・うみねこ製作日記
http://07th-expansion.net/Cgi/clip/clip.cgi


何気なく竜ちゃんの日記を覗いたら衝撃の事実が発覚しました。
7月10日に逝去とか、EP5製作の修羅場じゃないか……間に合わせたのを真剣に尊敬。

ひぐらし時代からのファンとしては、竜ちゃんの他、製作スタッフ筆頭の八咫桜さんとBTさんがいらっしゃってこその「07th Expansion」でした。竜ちゃんの言葉の通り、『うみねこ』という作品が生み出せたのは、あなたがいてくれたからこそです。本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します。

pixivを覗いたらBTさん追悼絵が早くもたくさん投稿されていて泣いた(´;ω;`)
ベルンもBTさんのために改心しろ!

【感想】 劇場版『テイルズオブヴェスペリア-The First Strike-』

091022-01.jpg

鑑賞前の青き真実
「テイルズで映画なんて"たか"が知れている。
 シリーズファンとしては観るが、期待はしていない(キリッ)。」


鑑賞後の赤き真実
「ああああああ!!シャスティルとヒスカかぁいいよぉぉぉおおお!!
 なんで本編のヒロインじゃないんだ!製作スタッフのばかばか●んこ!
 いやぁあああああ!!! にゃああああああああん!! ぐあああああああ!」



・テイルズオブヴェスペリア-The First Strike-
http://www.tov-movie.net/

普通に面白くて驚いた。びっくりだ。
この驚愕をテイルズ風に言うと、超新星の残骸であるクラスナインものエネルギー体の中から円周加速反応が観測された直後に反物質砲が飛んできて戦艦を襲うレベルいや違った、それは別のRPGだ。まあ、間違えるほど驚嘆に値する出来だったのだ。

肝心の内容は本編に続く前日談で、かつゲーム販促の意味も兼ねているため、事前知識がない人でも楽しめる映画だった。原作プレイ済みと未プレイの半々の人数比で観に行ったらまさかの全員満足という、良い意味で予想を裏切られたクオリティであり、シャスティルとヒスカの可愛さは異常。特にヒスカが血まみれになって発狂するシーンで俺の魔導器(ブラスティア)が暴走した。相変わらず最低な感想である。

とにかく、結論として万人が楽しめる良作だった。オススメ。
だが双子姉妹を本編ヒロインにしなかった製作スタッフはユーリに断罪されるべき。
先月発売したPS3版で誰得ヒロインを追加するなら、彼女たちを加えろと問い詰めたい。


・ヒスカ&シャスティルがゲーム(PS3版)にも登場!
http://news.dengeki.com/elem/000/000/199/199170/

 な ん … だ と … 。 


・テイルズオブヴェスペリア開発者「すまんかった。箱○版、ありゃβ版だ」
http://blog.livedoor.jp/htmk73/archives/480914.html

091022-02.jpg

【すちぱん!】 第2回 『蒼天のセレナリア』

cle_ban.png
「ほんとにあったの!こんなに、こんなに"青い空"なんて!」


――と、先週の台風一過の青空を見た感動をセレナリア風に体現していたら、周囲から気の毒なランドルフを見るような眼差しを向けられたので、今度からは「喝采せよ!喝采せよ!」で歓喜をアピールすることにした。YAT安心!カダス旅行!(どう見ても未解決)

・ライアーソフト第17弾『蒼天のセレナリア』
http://www.liar.co.jp/celetop.html

そんなわけでスチームパンクシリーズ布教活動第二回であるが、ただ布教活動と称するのも面白くないので、昨今の表題のトレンドである「ひらがな+!」にあやかって『すちぱん!』と命名した。これで芋づる式にスチパンシリーズが栄光のロードに乗り上げ、きたる11月20日(金)発売の『白光のヴァルーシア』も約束された勝利の新作。しかし今期アニメの『にゃんこい!』や『たまごっち!』が成功するかは、また別のお話である。

余談だが、スチームパンクをスチパンと略すと例のパンツじゃないから恥ずかしくない何かを連想するけれど、その全年齢パンツよりもお色気度が低いと囁かれる十八禁(であるはず)のスチパン。特にシャルノスにおけるお色気は例えると「スカートが風でなびく程度の能力(AKIRA氏談)」であり、現状打破のためにもヴァルーシアではアナ姉さんに期待せずにはいられない。まあ、某黒い人に「残 念 だ っ た な!」と嘲笑われること請け合いだが、「だ が そ れ が い い!」と全肯定できる我々は完全に頭がスチームパンクしている。

前置きと余談ばかりで微塵もプログラムが進行していないので、そろそろ今回の副題である『蒼天のセレナリア』の話に移りたい、移りたいが、先にスチパンシリーズの“蒸気世界”について簡単に説明する必要がある。とりあえず、略図にすると以下の感じ。違ったら首を吊る。

―――――――――――――――

カダス大辺境/セレナリア(未知世界)
 ・水上都市セラニアン
 ・砂漠都市ヴァルーシア

↑青空
――――《世界の水殻》――――
↓灰空

カダス文明圏(既知世界)
 ・北央帝国(帝国首都とか)
 ・王侯連合(都市インガノックとか)

↑カダス世界
――――――《門》――――――
↓西亨(地球)

 ・1900年代初頭の西欧(倫敦とか)
 ・西インド会社(西方碩学協会) ← カダス世界で暗躍する結社
 ・日本に出番は無い

―――――――――――――――


つまり、西亨(地球)とカダス(惑星)が《門》(北海だけでなく地球に複数あるらしい)で繋がっており、かつカダスも《世界の水殻》と呼ばれる雷雲で文明圏と大辺境に二分されている。これがスチパンの“蒸気世界”である。うん、自分でも見難いと思うので容赦してほしい。

第一作『蒼天のセレナリア』は表題の通りカダス大辺境(セレナリア)を主な舞台とし、空の揉め事処理屋こと少女コニーが飛空挺“ウルメンシュ”を駆り、飛んだり落ちたり襲われたり逃げたりテンパったり立ち向かったりするストーリーである。要約すると、コニー可愛いよコニー。だって飛空挺だよ飛空挺。幼稚園からファイナルファンタジーが聖書のゲーマーだった自分にとって、飛空挺はタマラン萌え用語と言える。やっぱ空飛ぶ乗り物は飛空挺だよな。異論は認める。そんな飛空挺を手足のように使いこなすコニーはマジ最高。セレナリア本編やファンディスクでカルベルティ(男ヒロイン)(矛盾)に対してテンパってるコニー、いわゆるテンパコニーはスチパンシリーズ中でも一、二を争う最萌えヒロインである。そんな良妻コニーを『白光のヴァルーシア』でちゃっかり登場しているカルベルティが捨てたとか破局したとか婚約破棄だとか「カルベルティ、ちょっと表へ出ろ。」な展開になっているが、原因がシェラにコニーを略奪されたとかだったら許せる。大推奨である。


前置きが長かった割に肝心の物語の核心に触れていないスカスカな紹介になっているが、まあ、「その先は君自身の目で確かめて欲しい!」という某ドラクエの攻略本戦略ということにしたい。しかし、自分や知人内でも二番人気がマタイオス提督なのはどうしてなんだぜ。

次回は第二作『赫炎のインガノック』を紹介。
どうせ「コニー」が「ギー先生」に置換されるだけに決まっています(自分で言うな)。

良き青空を!


・ライアーソフト第26弾『白光のヴァルーシア』
http://www.liar.co.jp/val_top.html
・ライアーソフト第24弾『漆黒のシャルノス』
http://www.liar.co.jp/sharnothtop.html
・ライアーソフト第21弾『赫炎のインガノック』
http://www.liar.co.jp/inganock.html

【布教】 第1回 ~『白光のヴァルーシア』11月20日発売!~

liar00.png
「提案しよう! ライアーソフト! 布教の時間だ!」


九月半ばに公式サポーターサイトとして登録したにも関わらず、未だに関連記事が皆無なのは如何なものかと危機感を抱く今日この頃、このままでは東京の新宿を中心として暗躍する大秘密結社、東エロゲ会社(東方嘘屋協会)ことライアーソフトのエージェントさんに「喰らうぞ」と滅されかねないので、今月から発売日である11月20日までは“ヴァルーシア布教期間”を発令する所存である。スチームパンク風に言うと、さて。ここに我輩は宣言するでしょう。偉大なる布教の継続と。深遠なる認識の継続を。――そして、新たな時代の幕開けを。みたいなっ!(きめぇ)

・ライアーソフト第26弾『白光のヴァルーシア』
http://www.liar.co.jp/val_top.html

そんなわけで、『蒼天のセレナリア』『赫炎のインガノック』『漆黒のシャルノス』に続くスチームパンクシリーズ新作、『白光のヴァルーシア』が11月20日に発売します。とうとう体験版も公開し、新たな登場人物も続々と追加され、まさに絶好――ランドルフ、だと……?!(そのとき、俺に電流走る)

今作に前々々作『蒼天のセレナリア』のキーパーソン・カルベルティがサブキャラとして登場することに驚きつつも納得していたけれど、まさか前々作『赫炎のインガノック』のキャラも登場するとは予想外すぎる。しかもランドルフ。まさかの気狂いランドルフ。おお気狂いランドルフ! つい数日前、インガノックをクリアした友人に「どうせランドルフは今後一切登場しない!(キリッ)」と自信満々に断言した矢先の出来事であった――ごめんよランドルフ!

とりあえず、次回からはセレナリアから順にスチームパンクシリーズを紹介しつつ、
サポーター素材が届いたら壁紙を作るなどして布教を進めたいと愚考しています。
ヴァルーシア発売まで47日。買わなきゃ死ぬぞ~!(某するめいか風)

良き青空を!


・ライアーソフト第24弾『漆黒のシャルノス』
http://www.liar.co.jp/sharnothtop.html
・ライアーソフト第21弾『赫炎のインガノック』
http://www.liar.co.jp/inganock.html
・ライアーソフト第17弾『蒼天のセレナリア』
http://www.liar.co.jp/celetop.html
プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続け、どこに出しても恥ずかしいゲーマーとなった社会人。救いようのないエロゲマイスターだと近所の奥様方の間では評判。

Twitter
絶賛応援中
『シルヴァリオ トリニティ』応援中!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。