FC2ブログ

【感想】 抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2


 アナルディルド……!? バイブの二刀流などと――!」
 「知らなかったか!? リーダーというのは、常に奥の手を隠し持っているものなんだよ!」
 アナルだけにかぁあああああ!!!

負けたが?(デキる大人の腹見せ服従ワンちゃんポーズ)

2018年のダークホースとして「バカゲーかと思ってたのに気づいたら涙を流してた」「用意したティッシュで涙を拭いた」「全人類この最高のエロゲをプレイして欲しい」「またエロゲに命を救われてしまった」「マジキチ」等と各所で絶賛されたスタイリッシュ逃亡&バトルADV『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』、通称"ぬきたし"の続編が僅か一年でマンを自慰して爆誕。おそろしく速い続編…オレでなきゃ見抜きしちゃうね…。

続編いうても元々はファンディスクとして製作されていた訳だし、よもやオナホールの凄まじい快感からシゴく手の勢いが"光速"を突破したことで"世界線"を移動してしまう等という岡部倫太郎も真っ青な導入からガチンコシナリオが展開される可能性は流石に"無い"でしょ?とカリを括っていたところ、終盤の竿が熱くなるガチンコバトルにイチモツがGで爆散。こりゃたマラん!総員陰茎!

特に最終決戦の立体亀頭装置を駆使した淳之介とフルアーマーハメドリくんとの手に精液握る攻防は、前季アニメのリヴァイ兵士長vs獣の巨人の名シーンもかくやな"熱さ"であり、ぬきたし2は実質『進撃の巨人』と言っても過言ではない。自由のために戦いヌイた、その姿はまさに進撃の巨チン。チンポを捧げよ!

また、進撃の巨人といえば過去に『グランブルーファンタジー』ともコラボしていることから、進撃の巨人がぬきたし2であるならば、ぬきたし2は実質グラブルとコラボ済みであるという"黄金の真実"が導き出され、畢竟、グラブルで極みスキンを取得できたのも全部ぬきたし2のお陰とも言えるのではなかろうか?

ぬきたし2がグラブルの最たるエンドコンテンツであるフリークエスト『十天の極みに至りし者』を攻略できたことに寄与するならば、それは最早ぬきたし2とグラブルが切っても切れない存在(まさに淳之介と水引の関係)であることを示唆しており、当該クエストで立ちはだかる十天衆たちの攻略法を記載することは、すなわち、ぬきたし2の各ヒロインの攻略感想を述べることに等しいという仮説が成り立つ。その真相を確かめるべく我々生ハメイトは世界線オナホールの力を借りて境界の世界にある吉兆の霊山へ向かった。


以下、実質ぬきたし2であるフリークエスト『十天の極みに至りし者』の各ルートについて解説していく。

① 共通√
20190803-00a.jpg

前述の通り、ぬきたし2の物語はオナホ光速コキによる"世界線漂流"から始まる。その為、ここではオナホ光速コキにちなんで光属性(光パ)での攻略を前提とするのが生ハメイトの作法というもの……いや、真に作法を語るならば、以降はハメドリくん口調で解説してイくのがグラブルがぬきたし2であることの何よりの証明と言えるハメ。もう何を言っているのかわからなくなってきたパコが、気にしたら負け犬ワンちゃんハメねぇ…。

20190803-01c.jpg

本クエストは"6連戦"という持久戦なので、ある程度の火力と耐久が必要ハメ。ジョブはドクター安定なので、メイン武器には四天刃やオメガ武器が連撃確保の観点からも望ましいパコ。アビリティは幾つか候補があるハメが、光パコはデバフ要員が皆無なのでミゼラブルミストとアローレインで問題ないパコ。十天衆たちは軒並み不感症(弱体耐性が極めて高い)なので、「ピルがないのに命中し難いとはこれいかに孕めオラ!(避妊薬とピルファーを掛けた青藍島ジョーク)」と連呼しながらシコ回数で英霊性豪十番勝負に挑むハメ。

20190803-03.jpg

キャラ・召喚石に関しては「シエテに30発/1ターンを叩き込め、6戦目まで到達できる」ことが前提条件パコ。現状フロント面子は水着ハルマル or レヴィオン姉妹、銃ゾーイ、リミヴィーラでほぼ確定と言っていいハメ。石は手持ちによって攻略難易度が変わるパコが、ぶっちゃけサブ全部を黒麒麟でもイける気がするハメねぇ。

 【キャラ】
 ・水着ハールートマールート or レヴィオン姉妹
 対シエテお兄さん要員ハメ。アビリティの全体光追撃を付与して全員がTAすることで24発分を賄えるパコ。
 正直どちらでも大差ないので、股間に従って自分がドスケベだと思う方を選ぶのが勝利の秘ケツハメ。

 ・ゾーイ(銃)
 防御要員ハメ。相手のOD時CT特殊は3アビで受けるのが基本パコ。
 でも何故かリロードしたら稀に画面から消えているパコ。不思議ハメねぇ…。

 ・ヴィーラ(リミテッド)
 対シエテお兄さん&防御要員ハメ。相手のOD時CT特殊は1アビで受けるのが基本パコ。
 シエテお兄さんに対しては上述の全体光追撃と1アビ+3アビの全体確定TAを合わせれば妊娠確実ハメ。

 ・ガイゼンボーガ
 竿もといサブ候補ハメ。シエテお兄さんまでに上記3人の誰かがイッても勃て直しできるパコ。
 1アビのランダム17回ダメージで手数を上乗せできるパコが、別にいなくても何とかなるハメ(なったハメ)。
 エッチな女の子以外はオカズにしたくないノンケメイトのみんなは無理に使わなくてもいいパコォ~。

 ・猫
 サブ候補ハメ。サポアビの全体防御UPが気休めになるような、ならないような。
 ぬきたし2でも文乃アフターで猫が活躍するので、むべむべ派には推奨むべハメ。

 ・セワスチアぁン❤
 サブ候補ハメ。サポアビの再生効果は持久戦において最強なので半必須パコ。
 ぬきたし2でもモブとして執事が登場するので、お嬢様×執事プレイにも必須パコ。

 【召喚石】
 ・5凸ルシフェル
 光パコは前提としてゼウス×ルシないしルシ×ゼウスで挑むので最低1枚は持ってイけるハメ。
 貴重な精力剤なので所持しているなら複数枚持っていくのも推奨パコ。

 ・3凸黒麒麟
 対シエテお兄さん要員ハメ。前述の追撃TA24発にアビリティ6発を上乗せする際の調整に便利パコ。
 あと、道中で詰みそうになった際の勃て直しにも使えるので複数枚すらワンチャンあるハメ。

 ・メタトロン
 攻防UPと全体ディスペルマを一挙に受け持ってくれる心強いCV山寺宏一ハメ。
 ところで「メタトロン」には「外」と「口」が含まれているので見ていると興奮しないパコ?

 ・4凸トール
 対シエテお兄さん要員ハメ。召喚効果の追撃はアビ追撃と共存できる上、デバフも超優秀パコ。
 アビ追撃と合わせれば全体確定TAだけで36発叩き込めるのでシエテお兄さんは射精不可避ハメ。
 ちなみにハメドリくんは持っていないので泣く泣く諦めた模様。世知辛い世の中ハメねぇ…。

 ・4凸アポロン
 貴重なマウント石ハメ。麻痺や昏睡や即死を事前に防ぐことでイキれるパコ。
 ちなみにハメドリくんは光エレメントが欲しくて砕いたアホドリくんだハメ。

 ・4凸アテナ
 OD時CT特殊を受ける際に使えないこともないパコが所詮1ターンなので正直エッチなだけハメ。
 4凸で召喚効果に追加される活性に関しても焼け石に愛液なので目の保養の意味合いが強いパコ。

 ・5凸バハムート
 瞬間火力ブースト要員ハメ。素の火力が間に合っているなら別に無くてもいいパコよ。


以上が前戯ハメ。ここまでが用意できているなら後は勃ち回りとシコ回数、そして中折れしない心パコ!
幾重にもちんちんを舐め、膣マンファックをキメ、ちんちんちんぽで果て、ケツマン成就に至ることを信じて!

② 1戦目:サラーサ√
20190803-04.jpg

頭は弱いけど腕っぷしは強いという典型的な筋肉バカが先鋒ハメ。この手のキャラは性欲も強いのが定説パコ。序盤では初回のCT特殊でグラウンドゼロ(全体無属性1万ダメージ)、HP75%でアストロ・デストラクションを放ってくるので注意ハメ。HP40%前後になるとアニヒレイション・ノヴァを撃ってきた翌ターンに三寅の祝福(攻撃&TA率UP・消去不可)を使ってくるパコ。順当に削っていればCT特殊で二度目のグラウンドゼロを放ってくるので、ガバハメイトのみんなが軽率にヴィーラ1アビで受けると無慈悲な無属性4万ダメージでヴィーラお姉さんが蹂躙されるハメ。それはそれで興奮するパコねぇ…。HP10%以降になると通常攻撃単発でマン単位のダメージを叩き出してくるので、サラーサに限らずHP10~15%あたりから奥義フルチェ等で一気に仕留めることを意識したいハメ。ちなみに調整をミスってHP5%あたりで撃ってくるアニヒレイション・ノヴァを素受けすると確実にさよならバイバイになるパコ。

③ 2戦目:シス√
20190803-05.jpg

仮面を取ると急に陰キャ童貞みたいになるモブ男子ハメ。開幕とCT特殊で迅門・紫電(攻防UP&HP100万回復・3ターン)を使ってドヤ顔してくるので都度ディスペルマを顔射してイきたいパコ。また、CT特殊で鬼門・修羅(毎ターン攻撃UP・1ターンに20回ダメージで消去)を使われた場合は放置してもいいパコが、HP40%前後になると六崩の悟り(攻撃UP&攻撃回数増加)で更にドヤ顔を増して光でも普通にアイタタになってくるので可能なら1ターンに20回ダメージを与えて消去したいハメねぇ。ちなみにOD中CT特殊の三千一穿明王破斬は"被ダメージ&弱体効果を確率で無効化"も事後のティッシュのようにこびりついてくるので、鬼門・修羅は先に消しておいた方が吉ハメ。

④ 3戦目:ソーン&ニオ√
20190803-06.jpg

絶対いい匂いがするバイノーラル催眠音声空間ハメ。エッチなお姉さん特有の激しい責めを繰り出してくるのでローション(ポーション)の使い所パコ。開幕で全体麻痺、4ターン目にはCT特殊で全体昏睡が飛んでくる上、頻繁に投げてくる調律のスリップダメージが地味に痛いハメ。自由を奪った状態で殴るなんて…やめろよ卑怯者!イクッ! というか昏睡状態でソーンお姉さんのOD時CT特殊アステロイド・イェーガーを素受けするとバブみ幼稚園に緊急入園するハメになるから全体昏睡はドクター1アビ等で確実に防ぎたいパコ。ブレイク❤させればもう何も怖くないと思いきや、二王の諍い(攻撃&弱体成功UP)に合わせてHP15%前後でまたも全体麻痺を撃ってくるのに咥えて、ソーンお姉さんを倒すとニオお姉さんも九界の繁栄(攻撃&弱体成功UP)からの全体昏睡を使ってくるハメ。絶対に身動きを取れなくするという強いドSの魂を感じるパコ。ニオお姉さんはOD特殊含めて痛くないパコが、ブレイク❤時ランダム台詞の「楽しいっ❤❤❤」滅茶苦茶エロくてゲームプレイに支障が出るので注意が必要ハメ。ちなみにHP5%あたりで撃ってくるニンアナンナは何故か昏睡ではなく全体大ダメージなので素受けすると死ぬパコ(死んだパコ)。

⑤ 4戦目:カトル&エッセル√
20190803-07.jpg

イキり弟と最終解放実装当初に不具合でドロップ率0%アップになっていたお姉さんハメ。今でも許してないパコよ。この姉弟は開幕からシュリーヴァトサ、ラストオーダー(単体大ダメージ)を撃ってくるからHPが少ない状態で素受けすると普通に死ぬハメ。事前にローションで全快するのを推奨パコ。ちなみにカトルは四天の嘆き(毎ターン特殊行動)、エッセルは十狼の雄叫び(攻撃&TA率UP)をよくわからないタイミングで使ってくるハメ。何度か戦ったけど数ターン目で使ってきたり、片方を倒すまで使ってこなかったりと、発動条件がよくわからなかったパコ。倒す順番は光パコならHP維持さえ注意すれば特に危険なセンズリポイントもないので無難にCTが少ないアタッカーのエッセルお姉さんから美味しく戴けばいいハメ。総じて影の薄い4戦目パコねぇ…。

⑥ 5戦目:オクトー&フュンフ√
20190803-08.jpg

高齢者とメスガキの両極端コンビハメ。フュンフのCT特殊がブレッシングオブライト(弱体消去)サンシャイン(全体HP500万回復)と普通にウザいのでオクトーはガン無視して先に腹パンで"理解らせる"パコ。オクトー単騎になったらガチンコの殴り合いハメ。心解(攻防UP・3ターン)からの神斬舞(多段ダメージ)八命の廻り(毎ターンCT MAX)からの捨狂煉路敷(稀に即死)を連発した上にキャルのバイト代を奪ってくる強敵パコ。どう足掻いても即死はロシアンアン❤ルーレットをするハメになるので対シエテお兄さん要員がイッたら撤退パコ。ガイゼンボーガ持ちなら1人イッても戦闘続行できるのが強みハメねぇ…。ここさえ突破できれば勝利は目前パコ!(フラグ)

⑦ 6戦目:シエテ&ウーノ√
20190803-09.jpg

グランドルートはみんなご存知のシエテお兄さんとこの世の果てで攻防を極めてこその最強を唄う年齢不詳U-NOハメ。ここまでくれば光パコにとっては事前の予習通りに立ち回るだけの簡単なお仕事パコが、逆に言うと事前に立ち回りを予習していないと問答無用でアヘ顔を晒すことになるハメ。とはいえ、覚える必要があるのはシエテお兄さんの射精管理の為の基本行動パターンだけパコ。光パコは行動阻害できないので大体こうなるハメ~。

 1ターン目:ウーノが城廓の構え(全属性ダメージ100%カット・1ターン)
 4ターン目:ウーノがCT特殊で刹那の閃き(かばう&ダメージカット・1ターン)
 5~6ターン目:シエテの剣光LvがMAX(与ダメージ量によって発動する七星の煌めきでズレる?)
 6~7ターン目:死ぬ


ということで、5ターン目までにヴィーラお姉さんに奥義を撃たせてビット数を回復し、6ターン目(画像の状態)に30発叩き込むのを推奨ハメ。黒麒麟を持ってきていればアビリティのCT調整は考えずとも問題ないので、ヴィーラお姉さんの奥義ゲージ調整にのみ注力できるパコ。光追撃+確定TAで24発、全員の攻撃アビリティで6発を叩き込んで6ターン目にシエテお兄さんの絶頂ゲージをスッキリさせることさえできれば、いくらオナ禁したところで射精回数には限度があるので、次に溜まり切るまでには確実に倒せるハメ。ここで倒し切れない場合はそもそもの火力が足りていないから無凸でもいいのでトールを持ってくるなりして対策するパコ。シエテお兄さんさえ倒せば、はい勝ち~~~格付け完了~~~!お疲れ様ハメ~~~~~!


【総評】 S
 誤謬を正すは瞋恚の慟哭! 我が不羈の翼を以て、眇眇たる海へと還るがいい――!」
 カッコいいセリフをぉおおおおおおお!!

これ十天衆の4アビ台詞と並べても違和感どこいった状態なのでやはりぬきたし2は実質グラブル(←結論)。
無事に当初の仮説を"証明"できたので真っ当なぬきたし2感想に戻りますと、総評としては前作から一年ジャストでよくこのボリューム&クオリティの続編を発売できたなという賞賛のスペルマ。シナリオだけでなく、前作では数発目の精液並に薄かったエロシーンも、今作では抜きゲーと見紛う程に淫語満載な濃厚ドスケベとなっており、抜きゲーみたいな島というタイトルに恥じないエロゲとなっていたと思います。また、オス♂同士の約束を違わず果たしたのも拍手喝采でした。素直に射精です。まあキャラに思い入れが強すぎると抜けないんですけどね(マジレス)。

トゥルーエンドでは次回作に繋がるような伏線もチラチラと垣間見えたのでぬきたし3も期待しています。
あとね! スス子のエッチシーンもね!今度こそファンディスク特有の小粒な感じでね!イモとハモもね!

余談ですが、ぬきたし2のメインルートや郁子ルートのような射精で戦う展開がお好きな方には、『景の海のアペイリア』という作品もオススメです。主人公の武器が精液の剣となります。是非ともご確認下さい。

更に余談ですが、極みスキン取得者88人の内の一人になれました(2019/07/25集計)。

2019/07/19に取得している時点でぬきたし2関係ないじゃんとかそういう正論は受け付けません。
スポンサーサイト

【総評】 エロゲ感想記(2019/01~06)


エロゲやってたら2019年の半分終わってた。

ここ数年ブログ更新をサボっていたので今年こそ全力でエロゲ消化してバンバン感想記事をアップしていこうと一念発起した結果、エロゲに夢中になり過ぎてブログ更新が疎かになり、どの過程を辿ろうが結果はブログ放置に収束するという理論が満を持して証明されました。近々Natureに掲載されると思います。嘘です。

いや本当に本気出してエロゲ消化してたんですよ!ほら作品ラインナップ見て!ドーン!

【2019年新作】
■minori『その日の獣には、』
■FAVORITE『さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation-』
■アリスソフト『イブニクル2』
■戯画『アオナツライン』
■みなとカーニバル『和香様の座する世界』
■シルキーズプラス『缶詰少女ノ終末世界』
■CLOCKUP『DEAD DAYS』
■Citrus『黄昏のフォルクローレ』


【過去作】
■チュアブルソフト『あの晴れわたる空より高く』
■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線-』
■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-』
■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-朝霧に散る花-』
■dramatic create『時計仕掛けのレイライン-陽炎に彷徨う魔女-』
■アリスソフト『イブニクル』
■パープルソフトウェア『未来ノスタルジア』
■Qruppo『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』
■シルキーズプラスWASABI『なないろリンカネーション』
■シルキーズプラスWASABI『あけいろ怪奇譚』
■Navel『月に寄りそう乙女の作法』
■Navel『乙女理論とその周辺』
■Navel『月に寄りそう乙女の作法アフターストーリー』
■Navel『乙女理論とその後の周辺』
■Navel『月に寄りそう乙女の作法2』
■Navel『月に寄りそう乙女の作法2.1』
■Navel『月に寄りそう乙女の作法2.2』


なんだこいつ…(ドン引き)。本当に30代の社畜か?

この半年、仕事と睡眠の他にはエロゲとグラブルと艦これとFGOしか"生命活動"していた記憶が無いので、本格的な記憶喪失に陥る前に上記作品群の簡易で簡単な感想(ライト版)を綴っておきたいと思います。


■チュアブルソフト『あの晴れわたる空より高く』
死んでもロケットを打ち上げたいときにオススメの作品。
エロゲにも関わらずフィラメントワインディング成形法サニャック効果イオンビームスパッタリング法ロケットの空力特性液体ロケットエンジン再生冷却といったロケット知識を学ぶことができる言わずと知れた名作。その言わずと知れた名作を見過ごしていた自分はカスであり、峯雲も誤解体した。自分はカスである。



■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線-』
■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-』
■ユニゾンシフト:ブロッサム『時計仕掛けのレイライン-朝霧に散る花-』
■dramatic create『時計仕掛けのレイライン-陽炎に彷徨う魔女-』(PSVita)

ツンデレイライン。
一週間かけてPC版をクリアした後に一週間かけてPSVita版をクリアした気分は冥獄界を選んだ戸愚呂弟。本作はちゃんと三部作で完結する学園ミステリーファンタジー推理ツンデレものであり、ちゃんと三部作で完結する。ちゃんと三部作で完結するが、PSVita版で四部が追加された。モー子可愛いよモー子。



■minori『その日の獣には、』
まさかminoriの遺作になるとは思いもしませんでした。



■FAVORITE『さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation-』
ク、クロ…!(号泣)
私的2019年暫定トップ。詳細は感想記事参照


■アリスソフト『イブニクル』
信頼と実績のアリスソフト。
久し振りにRPGらしいRPGをプレイできて満足でした。創造神を倒すまで今度は何年かかるのかな。



■アリスソフト『イブニクル2』
公式特典のランス版が本編。
大体1と同じノリだったので連続でプレイして大正解だぜ。創造神を倒すまで(以下略)。



■パープルソフトウェア『未来ノスタルジア』
ク、クロ…!(猫違い)
発売当時の炎上事件もあり長らく敬遠していたものの、minoriが解散したので釈放された作品。姫しゅき。



■戯画『アオナツライン』
死んだと思っていた戯画が息を吹き返した。



■みなとカーニバル『和香様の座する世界』
This is the 田中ロミオ之文。
ありがとう田中ロミオ――とはいえ、ブランドがみなとそふと系列(みなとカーニバル)だけあって、作風は『真剣で私に恋しなさい!』と同様の基本ギャグ寄りなので、弩シリアスな田中ロミオは別作品を期待しよう!オクルトゥ……うっ、頭が!



■シルキーズプラス『缶詰少女ノ終末世界』
プレパってる?
荒川区に流れているのは荒川ではなく隅田川であり、『World War Z』は映画版より小説版の方が圧倒的に面白いことを教えてくれた作品。登場人物と設定と方向性は割と自分好みでしたが、圧倒的にボリューム不足感があったのだけ残念。テーマは終末(=終末について考える)だけれど一般的な終末ジャンルの作品ではないので、荒廃した地球みたいなノリを期待してプレイするのはオススメしないゾ!(批評空間で評価が真っ二つに分かれているのを眺めながら)



■Qruppo『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』
以下の通りTwitterで散々語ったので割愛します。



■シルキーズプラスWASABI『なないろリンカネーション』
■シルキーズプラスWASABI『あけいろ怪奇譚』

はい負け~~~(泣いたため)
騎空団の団員にななリンとあけいろが未プレイであることを猛烈に煽られたので「やってやろうじゃねえかよ、この野郎!!」と軽率に杉谷って2本セットでプレイしたところ、ここ数年のエロゲの中でもかなり上位に入る作品で普通に感動してボロ泣きしてしまい、特にあけいろ怪奇譚という"良作"を三年間も知らずにいたという"罪"の意識に耐えきれず屋上から飛び降りた。



■Navel『月に寄りそう乙女の作法』
あちゃひ!



■Navel『乙女理論とその周辺』
あちゃひ!!


■Navel『月に寄りそう乙女の作法アフターストーリー』
あちゃひ!!!



■Navel『乙女理論とその後の周辺』
あちゃひ!!!!



■Navel『月に寄りそう乙女の作法2(アペンド)』
あちゃひ!!!!!



■Navel『月に寄りそう乙女の作法2』
あちゃ………朝日じゃなかったわ。
朝日と比べると才華くんにはこれといって劣情を催さないのですが、「女装した父親が母親に犯されて淫靡に喘いでいる姿を幼少期に目撃」という壮絶な事故から「父親の面影がないと性的興奮を抱けない」という完膚無きまでに性癖を破壊されてしまった点は心底から同情の念を抱いたので応援したいなと思いました。あと乙女理論からですがエロシーンに全力でギャグを捩じ込もうとする姿勢、嫌いではありません。



■Navel『月に寄りそう乙女の作法2.1』
エスト豚ネタ好き。
アフターでは馬鹿主従/豚・豚・豚や阿波踊りで腹筋を鍛えつつ、ビフォアーでは衣遠兄様と八千代の関係が尊過ぎて肉体蒸発した。ホモじゃないですが衣遠兄様とラフォーレが予想よりもイチャイチャしていて軽率にウフフ。衣遠兄様、ジャンだけ飛び抜けて好きなのかと思ったら、八千代やラフォーレのことも大好きだなこいつウフフ。



■Navel『月に寄りそう乙女の作法2.2』
全6作品30本弱のルートを乗り越えた先に"""これ"""
正道のエスト√、外道のアトレ√といった対比は自分好みでしたが、今まで溺愛してきたルミねえや衣遠伯父様にゴミを見るような目で蔑まれるのは予想以上に心が痛すぎた。才華くんはジャス子の評する通り、 「行動もデザインも大胆な癖に根は臆病」で、というか、ぶっちゃけ小物だよネ!でも嫌いじゃないよ!



■CLOCKUP『DEAD DAYS』
イカしたOP&主題歌すき。
超絶人気カリスマ行列ができる洋食屋さんのシェフのこだわりライターとして歌舞伎町界隈を取り仕切る昏式龍也氏がCLOCKUPにてメインで手がける『Maggot baits』、『眠れぬ羊と孤独な狼』に続く三作目。これまで同様、ボリューム的にはミドルプライス相当なこともあり、各ルートをスナック代わりに摘みつつも、最終ルートの終盤では"いつもの"昏式節を垣間見ることができニッコリ。やはり男はステゴロで殴り合ってナンボ。とはいえ前作から今作にかけてやや抑え目な印象を拭えないので、もっと『Maggot baits』のように弾けてしまってもいいかな~というのが率直な感想。やりたい放題やるくらいの勢いの方が丁度いいかもしれません。



■Citrus『黄昏のフォルクローレ』
絵的に実質つり乙。
などという過激派な意気込みで臨みましたが、蓋を開けるとNavelというよりライアーソフト的な"空気"でした。私は一向に構わん。ミドルプライスながら色んな意味でバランス良く出来てて面白かったので、麦ルートと月子ルートもお願いします!(金なら出すのポーズ)


以上、2019年上半期にプレイしたエロゲ群でした。
このペースだと余裕で年50本消化できそうですが、下半期も油断せずにいきましょう(?)。

【感想】 さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation-


 「大雅……」
 「……おやすみ、大雅」
 「良く、よく、生きたね。立派だったよ。……格好よかったよ、すごく」


はい負け~~~~~(無限にボロ泣きしたため)

ここ最近で、『ハロー・レディ!Superior Entelecheia』『言の葉舞い散る夏の風鈴』『その日の獣には、』『イブニクル2』といった新作から、『ハピメア』『景の海のアペイリア』『あの晴れわたる空より高く』『時計仕掛けのレイライン』『イブニクル1』といった過去作まで幅広くクリアしている為、「こりゃ~ブログ更新もネタ豊富で勝ったなガハハ!」と慢心していたところ前回の感想記事から四半期が経過しており我びっくり。これは間違いなくスタンド攻撃を受けている。この世の時間は消し飛び、 結果だけが残っている。時間の消し飛んだ世界ではブログを更新する気力は全て無意味となるのだ。

割と猛省しておりますが、とりあえず上記に挙げた作品群の感想は「総じて面白かった」の一語をもって代えさせて頂きたいと思います(微塵も反省の意が感じられない言動)(気が向いたらハロレ完全版あたりは書くかもしれない)。

というわけで、今回は萌えゲーアワードで2019年1月の最終日に発売するというハンデ(注:発売延期したせいなので自業自得)を負いながらも月間賞を獲得するという快挙を果たすに違いない(注:執筆時点では結果未発表)約束された勝利のエロゲこと、『さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation-』について感想を綴りたいと思います。

思いました(過去形)。

いえ、ダウンロード版の発売日ということで、「如何に本作が泣きゲーとして素晴らしかったか」を涙ながらに会見して布教の一助にとは思ったのですが、どう頭を捻っても「泣いた」の三文字しか浮かばず、まるで抜きゲーに対して「抜けた」の一言ですべてが集約されるが如しだったので、今回はクリア直後にTwitterで呟いた"""純""""""衝動"""を掲載し、当時の呟きにコメントする形での感想記事にすることを決意表明します。(拳をぐっと握りしめて空を仰ぎ自らの不甲斐なさを噛み締めながら)(←建前)
(これで今後の感想記事もTwitterの呟きを引用する形式にすれば執筆がサボれるぜゲヘヘ)(←本音)

・さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation-
http://www.favo-soft.jp/soft/product/sakura/index.html


【Twitter感想】

ご覧の有様ですが微塵も耐え切れていません。普通に死んでいます。
ちなみに例のBGMとはこれのことです。


自他共に認める心が清らかな人類なので、作品の盛り上がり的なシーンで涙腺崩壊するのは日常茶飯事なのですが、一作品で二桁回数も破壊されるのは歴戦のエロゲマイスターとしても初体験でした。十代や二十代ならともかく、この歳になって何度もボロボロ泣かされるとは思いませんでしたよ。ええ。というか卑怯だわ泣くわあんなん(後述)。


むしろ何故勝てると思ったのか聞きたい。


弱い(確信)。


本質が鍵の民なので泣きゲーに対しては不利属性です。ちなみに昨年の『Summer Pockets』でも一回だけ…いや二回……三回?くらい泣きました。


別に某ロープライスなら神ゲーの当てつけで言ってる訳ではないです。


ただひたすらに健気なキャラに弱いです。正しく誰かに尽くしてきたならば、そういう子は報われてほしい。
そして、そんな子が余りにも可哀想な展開の連続であたしは死んだ。スイーツ(笑)。


猫を泣かせるな。


ネタバレなので伏せ字にしますが、ハル√で大雅(主人公)がハルを助け出す為に敢えて銃で自殺するのをクロが手助けするシーンがあるんですよ。クロは本当は大雅に自殺してほしくないけど大雅がハルをどうしても助けたいならと、大雅の意思を尊重して弾丸を手渡し、その瞬間の音を聴かないように背中を向けて猫耳を塞いで震えるわけですね。その後、崩れ落ちる大雅の身体を抱き支えて泣きながら大雅の決断を肯定するわけですよ。もうだめだ。こう綴っておきながら心が痛すぎる。クロは俺が守護るからな…。


猫を悲しませるな。


クロ以外で泣いたのは全部これです。前述の「卑怯だわ泣くわあんなん」の正体見たりって感じだな。
これもまたモブキャラに対する十夜が健気なわけですよ。クロといい本作の猫はなんなの?幸せになって。


騎空士以外の方には何を言っているのか意味不明だと思いますが、たぶん意味不明なままの方が人生を健やかに過ごせると思います。つまるところ、さくら通常攻撃しろってことです。


ここ割と重要ですが、さくらもゆは古式ゆかしい泣きゲーらしい泣きゲーなので、逆に泣きゲーが好みでない方には合わないかもしれません。しかし代わりに泣きゲーマーは軒並み塵となって死ぬ。フレイヤ弾頭かよ。


発売日が延期に延期を重ねた時点で開発現場がダイ・ハード的な環境であったことが容易に想像がつきます。ドチャクソ誤字脱字誤植が多いです。ボイスを聴く限り、声優さんの台本の文章はマトモっぽかったので、修正パッチは出るかもしれませんし、出ないかもしれません。すべての答えは空の果てにある、ということだ(CV池田秀一)。


感想というか今回のオチ。

千和√は杉田智和さん御本人が仰るところの親戚であるほうでん亭センマイさんが大活躍します。まさか途中から主人公とヒロインそっちのけで延々とサブキャラの杉田智和(中略)さんをメインで見せつけられるとは思いませんでした。千和√にも関わらず、最終的に千和よりも杉田(親戚)さんの方がボイス量が明らかに多くなってたの最高でした(褒めてます)。普通に泣きました。勝てる要素がない。割と真面目にCV杉田智和のキャラで泣かされたのさくらもゆが初体験です。いや御本人ではなく親戚の方の話ですが。

【総評】 S
 『……私たちは人間を大切に思わずにはいられない"イキモノ"だ』
 『でも。それなのに……。大切に想ったその人とは決して、同じ時間を生きることができない。
  こんなに、……こんなに、さみしいことは他にない』
 『……さみしいのはもう充分だ。去って行った大切な人たちを想い、悲しくなる夜はつらいんだ。
  もう、泣きたくない。だからさ、今度はこっちから"さよなら"をする番なんだよ』

 あさひは悪戯っぽく笑っていた。
 『それじゃあな。残された時間を精一杯、幸せに』
 『またいつか、今とは違う"命"で、私たちが悠久なる時のどこかで出会えることを、祈ってる――
  ……なんて、な。ふふ、どうかな十夜。お姉ちゃん、キマってた?』

 『もう、そんなのいいから。まったくいつまでも恥ずかしいばっかりなお姉ちゃんだよ』
 ごめんね、クロちゃん。こんなお姉ちゃんを許してね、と十夜が言う。
 『……私たちあんまりお話、したことなかったけど。次は今よりもっとお友だちになれたらうれしいな。
  ……バイバイ。またね。大雅のこと、よろしくね』


はい負け~~~~~(人間は猫には勝てないため)

"魔法"と"代償"が同梱パックである仕様上、行使できる魔法は漏れ無くメガザル、パーティ全員メガザルロック、しかもニフラムで消え去るところまで再現されている徹底ぶり。誰がそこまでしろと言った。

誰も彼も自己犠牲精神に満ち溢れており、己の幸福よりも大切な人の幸福を優先する善人しかいないので、ユーザ視点では「幸せを掴んだと思った次の瞬間には崖から飛び降りる」といった展開を泣いて謝るまで無限にデンプシーロールされる始末。杉…千和√で泣き、姫織√で泣き、ハル√で「ハル殿がまた死んでおられるぞ~ッ!」と叫び、クロ√で泣き、再び「ハル殿がまた死んでおられるぞ~ッ!」と叫び、もはや終盤では1クリック毎に雨が降ってきたと誤魔化すマスタング大佐状態。もうやめて!体内の水分はゼロよ!

総評として、本作は「この店、味というよりは"雰囲気"が良いんですよね~(自称玄人の微笑)」と油断しながら入店したら待ち構えていたテロリストが間髪入れず機関銃をブッ放してきて咄嗟に"縁の下の11人"でガードするものの全弾貫通して完膚なきまでに涙腺を破壊された感のある作品でした。下手せずとも2019年ナンバーワン作品候補ですので、最後は布教の意味を込めて例の言葉で締めたいと思います。

フルプライスでも神ゲーです。

ハッピーバースディ、アクア!9

20180123.jpg

Happy Birthday Aqua!

今更PSVita版『時計仕掛けのレイライン』をプレイしていたらケーキを買い損ねて1日遅れました(挨拶)。

気づけば恒例のアクア誕生日おめでとう記事も今年で9回目なんですね。死にたくなります。
昨年の目標であったエロゲ的な更新は奇跡的に達成できたので(※なおDeepOne1作品のみ)、今年は2作品を目標としたいと思います(志が低すぎる)(毎週エロゲ消化してるのだから書くだけである)(だがそれが最も難しい)。

【感想】 DeepOne -ディープワン-


「彼女を! 助けることも救うこともできぬままッ! オレだけがのうのうと死亡とうぼうするワケにッッッ!!!
 逝くかと言っているのだッッッ!!! 斎野尚哉アアアアアアァァァーーーーーッッッッ!!!」

「お前の理想である俺がっ! お前に負けて失望されるわけに───!!!
 いくかってんだッッッ!!! アツシイイイイイイイィィィィ―――ッッッ!!!!!!」 



ご無沙汰しております。世は事もなくエロゲです。(ビジネスライクな挨拶)

実に四年もの間、エロゲ感想ブログとしての責務を放棄し続けてきましたが、いい加減に自らの存在意義と向き合わねば生きている価値はないと常に耳元で囁かれている気がしたので(強迫観念)、ジメジメとナメクジの如く更新を再開していきたいと願っています。いやエロゲ自体は今までも変わらずプレイし続けてきたので感想を書きたい気持ちだけはあったんですよ。気持ちだけは。ごめんなさいね。全部グラブルってやつが悪いんだ。SSR木之本桜が通常攻撃しないの絶対許さねぇからな木村。

さて、記念すべき復帰初回にチョイスした作品は、巷で話題沸騰の『DeepOne -ディープワン-』です。
まさか初っ端から大炎上スマッシュブラザーズ(伏線)なエロゲの感想を綴ることになるとはリハクの目をもってしても見抜けなんだですが、発売日に諭吉超えのフルプライスで購入した自分としても色々と思うところがあったので丁度いいかなと思います(笑)。なにわろてんねん。現在進行系で絶賛真顔中やぞ。

まず大前提として自分のDeepOneに対するスタンスを明示しておきますと、作品自体には非常に好印象を抱いており、王道展開な脚本、声優陣の熱演、そして特に戦闘演出に関しては他の追随を許さない程のハイクオリティに仕上がっていると絶賛しています。一方で販売姿勢に関しては関係者一同、尿管結石になれと願ってやみません。

どうせ本サイトのような場末に居を構える弱小エロゲ感想ブログの声が関係者に届くことはありませんが、せっかく作品の出来が水準以上に達しているのだから、誰憚ることなく胸を張って「本作品は1ルート・Hシーン4枠であり、ぶっちゃけると頭髪の色素が薄いヒロインたちのエロはありませんが、既に次回作の構想があります!損はさせないから黙って俺たちについてこい!」くらい事前に言えばよかったんですよ。ああ勿体無い。次回作でも同じことをやらかしたら尻穴を掘るから覚悟しておけ。

「結局のところDeepOneは買いなの?」という疑問を呈している皆様の為、結論から先に申し上げますと、
ロープライスなら神ゲーです。(1ルート・Hシーン4枠を承知済み前提)
注:2018年12月2日現在、Amazonで新品3000円未満に価格下落していることを指しており、ロープライスで売れという意味ではありません。

・DeepOne -ディープワン-
http://nameless.nexton-net.jp/game/do01/index.html


【シナリオ】 A-
「願わくば見そなわし聞こし召して、わが祈りに耳を傾け、正義によって裁きを正したまえ───!」
「易々と強き力を与え、易々と強きをくじき。造作もなく尊貴の者を貶めて貴賤の者を引き上げ、
 造作もなく曲がれる者を正し、おごれる者を挫きたもう───」
「大神の御旨のままに、乙女の旨に偽りと甘き言葉、不実の性を植え付ける。
 神々の使者は、さらに乙女に声を与え、その女をば〝全ての贈り物パンドラ〟と名付けた───」
「狂い咲け───《絶望に芽吹く深世界の乙女アペルピシア・パンドラピュトス》!!!」


そうだね。厨ニだね。

冒頭で販売姿勢に関して厳しいことも言いましたが、lightの厨ニ作品に調教され尽くされた肉体なので、クッソ長い詠唱を声優さんが激情を込めて熱演するだけで堕ちるチョロい厨二病です。

さて、厨ニ作品といえば脚本や世界観は当然として、それらを際立たせる為の"舞台設定"こそが肝要であると今適当に酒飲みながら決めたのですが、本作における舞台設定は一言で述べると"お家騒動"。

斎野(イツキノ)、比奈森(ヒナモリ)、佑姫(ユウキ)、文示宮(フジノミヤ)、宮下(ミヤシタ)、譲原(ユズリハラ)、業刀(ワザライ)

そんな「西尾維新の戯言シリーズや片山憲太郎の紅とか読んでる男の人ってこういうの好きだよね……❤」と言わんばかりの家名・族名の羅列に対し、「あ!? 全然好きじゃねーし!!」とメスガキに虚勢を張る大人の意気込みで臨みましたが比奈森の下りでくぅ~ん(ちんちんポーズ)。

割と厨ニエロゲの舞台設定は最後の一人になるまで殺し合うバトルロイヤルやら突如として現れた謎の敵性存在と鎬を削るやら国家を筆頭にした巨大組織に反逆するやら、何かとテンプレ化している様相を呈していたように思えたのですが(個人の感想です/それはそれで大好きです)、DeepOneの敵も味方も基本は親戚関係な身内のゴタゴタというノリは新鮮味があって好印象でした。「宗家である斎野と、それを守護する比奈森・佑姫」に対する「宗家を斃して分流が本流に成り代わろうとする文示宮と、従属する宮下・譲原」という構図はシンプルでわかりやすかったと思います。業刀? あいつはもうお家断絶した。

舞台設定やよし、ならば脚本と世界観は――という話ですが、脚本に関しては率直な感想を述べると奇を衒わない王道。日常とその終焉(1~3日目)、現状の理解と立ち向かう決意(4~6日目)、対抗しうる力を身につける為の修行(7~10日目前半)、斎野連合VS文示宮連合の全面戦争(10日目後半~13日目)と、前述の舞台設定を把握するには必要十分な構成で、戦闘シーンの描写も含めて盛り上げる箇所は大いに盛り上げたという、最初の1ルート目としては文句なしの出来でした。問題はその1ルートしか収録されてないことなんですけどね。あと、文句なしと言い切った直後に反旗を翻しますが、11日目後半のマンションの下りは読んでいて途端にクオリティが低下したのを肌に感じる程であり、自分の基準では落第点なので真面目な話スキップしていいです(過激派)。世界観に関しては基礎となる表層を説明したのみで、タイトルにもなっているディープワン(より正しくはグレート・ワン?)周りについてはノータッチでしたので次回作に期待したいと思います。

また、一応、具体的な内容にも触れておきますということで以下ネタバレ反転。

物語のオチの事前予想として、「兄妹ゲーってことはどうせ最終決戦では兄妹バトルが勃発するんでしょ?(歴戦の厨ニゲーマーの名推理)」と高を括って挑みましたが、蓋を開けてみると兄と妹が別行動で兄弟対決と姉妹対決を同時に繰り広げるという大乱闘スマッシュブラザーズ(冒頭の伏線回収)であり、「あ~なるほどね~そうきたか~その可能性も一応考えてたわ~!(大嘘)」と遺憾ながら裏をかかれる結果に終わりました。

以上ネタバレ反転。終盤の展開は素直に手に汗握りました。よかったです(小学生並の感想)。


【キャラクター】 A-
珍しく興が乗っているので、公式HPのキャラクター紹介に沿って一人ずつ紹介していきたいと思います。
また、何やらNEXTON系列の作品は1タイトル中4枚までならゲーム内画像を引用してOKとのことなので有り難く使わせて頂きます。

① 斎野尚哉(CV柊三太)
20181202-01.jpg
戦闘時限定パートボイスな主人公。本作の主軸として語られる"お家騒動"におけるパートボイスな中心人物であり、宗家・斎野家のパートボイスな当主。いえ別にパートボイスであることに不満はないです。主人公ボイス無しが基本のエロゲ界隈でパートボイスであることに不満を抱くのは心の贅肉ですしね。パートボイスでも全然気にしてないですよ、ええ。微塵も関係ないですが声が似ているグラブルの主人公も特定スキン時のみパートボイスですしね。パートボイス。うん。パートボイスかぁ。パートボイスねぇ。ふ~~ん。他の厨ニ作品はフルボイスなのにな~。

パートボイスはさておき、私的に好印象というか面白いなあと思ったのがその能力。必要可欠の才愚アルガゼル・コンプレックスと呼ばれる「自律神経を任意操作できる」というドチャクソ地味なモノなのですが、状況に応じて不要な身体機能をシャットし、リソースを視覚や聴覚や反射神経等、その瞬間に即した機能に割り振ることで、格上相手にも創意工夫で乗り越えていく戦い方は俺TUEEEな能力よりも自分好みでした。ちなみに斎野家が宗家である所以として"内側"に俺TUEEEな存在を飼っている様子ですが、本作での詳細説明はありませんでした。次回作に続く!

② 斎野九花(CV澤田なつ)
20181202-02.jpg
敵からは雌豚、味方からは豚バラブロックと称される本作メインヒロイン(妹)。
陵辱ゲーでヒロインを雌豚呼ばわりは割と見かけますが、曲がりなりにも妹ヒロインを豚バラブロックと命名する作品は流石に初体験です。豚バラブロックて。グラム何円の世界だぞ。しかも味方から。痛烈です。
本人の能力はESP(テレパシー/エンパシー/サイコメトリー)であり、絶対にHシーンで活用されるなと思ったら普通にシリアスなノリだったのでエロエロな能力活用ではありませんでした。う~ん残念。
余談ですが、日常会話において唐突にWikipedia化するのは面白かったです。

以下ネタバレ反転。

正体は斎野九花を模した自立型の魔導書そのもの。元々は本家齋宮の花姫に受け継がれてきた受胎型の魔導書だったものの、九花が死に瀕した際に何か色々とコピーして妹に成り代わったらしい。魔導書としての能力は『全てのものを最適な状態に導く』とのことなので、俺の頭髪も最適な状態に導いてくれたら嬉しい。いやフサフサなんですけどね。

以上ネタバレ反転。

③ 佑姫カスミ(CV神代岬)
遠坂枠。以上説明終わり。ゲーム開始直後から登場し、魔術担当だけあって本編では主に魔導書に関する講師や物理ダメージが通り難いモンスターとのバトルに精を出していましたが、残念ながらHシーン枠を獲得するには至りませんでした。次回ヒロインらしいので次回作にご期待下さい。

④ 比奈森沙耶(CVくすはらゆい)
20181202-04.jpg
分家のやべーやつ。宗家に仇なす輩は絶対に斬って捨てるウーマン。他キャラが生身のままでは身体能力的に一般人の枠を守っている中、一人だけサーヴァントと化しているロリ枠――と思いきやの師匠枠。日常では「あらあらまあまあ」と上品な物腰でありながら、一度剣を抜くと元弟子だろうが斬首すること厭わない小鬼。敵陣営からも唯一、「やべぇ!比奈森だ!」と警戒されている群を抜いた強キャラであり、そのような厨ニ設定…この門倉雄大…嫌いではありません…。ちなみに頭髪の色素が薄い他ヒロインを差し置いてHシーンが用意されている勝ち組。ロリコンではないですが僕は一番好きです。

⑤ 柚原亜希(CV沢澤砂羽)
尚哉のクラスメート――で終わる訳もなく、以下ネタバレ反転。

その正体は尚哉のもう一人の妹であり本作の黒幕枠、本名を斎野透花いふものなり。色々あって精神崩壊しており、本家魔導書の断章である寄生型の魔導書が代替しているらしい。どこからが柚原亜希(魔導書?)の意識であり、どこまでが斎野透花の意識であるかは現状不明。詳細は次回作ないし次次回作に期待するとして、本作終盤の噛ませ犬っぷりは必見。前述した九花への殺意と憎悪という激情を込めた詠唱は何を言おう彼女のものである。相変わらず中の人しゅごい。また、煽り耐性ゼロなので煽ったら即バッドエンドです。ちょっと冗談言っただけで殺されるなんて、最近の若者は堪えるということを知らん。ぷんぷん。

以上ネタバレ反転。

⑥ 文示宮篤(CV土門熱)
20181202-03.jpg
鬼畜眼鏡、柊四四八・オルタ、This is THE 土門熱、舞台上で熱演してる役者、NTRスター等と自分の中で大評判の益荒男。文示宮の次期当主であり、今回のお家騒動を引き起こした敵陣のリーダー的存在。中の人のイケメンボイスも相まって小物臭はどこぞの黒幕と違って微塵もなく、事に至った背景を知ると尚哉よりも応援したくなったと近所の奥様方の間で定評のある裏主人公。結果だけ見ると宿願を果たせている気がしないでもないものの、当の本人が既にDEADで報われていないので次回作で救ってあげてほしいと切に願っています。まあ次回作を無事に発売できるかの時点で暗雲立ち込めているんですけど。余談ですが中の人は篤(あつし)繋がりで採用したのだと思います(名推理)。

⑦ 朱鷺谷衆逸(CV切木Lee)
みんなの頼れるイケメンボイスな兄貴分。でも残念!敵陣でした!
終盤まで尚哉と敵対しているモチベーションが不明でしたが、何やら小学校低学年で一目惚れして一方的な駆け落ち未遂をやらかした女性に義を通しているらしい。すげぇ小学生だな。本作の男共は珍しいことに全員が別々の女の為に戦っているんですね。ちなみに沙耶師匠の元弟子という美味しい役どころもあるので、次回作では篤ともども味方についてくれる王道展開も期待されます。

⑧ 泡沫夜仔(CV海原エレナ)
アサシン枠。寄生型の魔導書を宿す通称・陰翳礼讃。噛ませ犬かと思いきや、バッドエンド常連の紛うことなき強キャラ、というか海原エレナさんが演じる敵役は大体強い。営利殺人集団『人狩一座』を抜け出した身であり、現状は文示宮篤の子飼い。必殺技は暴陰暴蝕とのことで、全然関係ないですが戯言シリーズの匂宮出夢は好きです。

⑨ 一葉(CV一色ヒカル)
尚哉と九花の後見人。正体は明かされたものの、見せ場はなかったので次回作にご期待下さい。

⑩ ナンシー(CV鈴木恵歩利)
黒猫。残念ながらHシーンはないのですが、この手のキャラとのおセックスは獣姦になるんでしょうか。昔からの疑問です。

⑪ 八戸莢貴(CV春男児)
クラスメート兼これまた戯言シリーズあたりに出てきそうな枠。次回作にご期待下さい。

⑫ 山元元喜(CV星羽柚里)
クラスメート兼犠牲者役。強く生きて欲しい。

⑬ サミュエル・ハーウッド(CV井出五郎)
プロローグにしか出てこないんだな、これが。


【演出・BGM・システム】 S
公式HPで「迫力のバトル演出」「極上のゲーム体験を提供します」等とビッグマウスを叩いていたこともあり、「ハハッ、ま、せいぜい頑張ってね?」といった斜に構えた態度で大した期待もせずにプレイ開始したのですが。
ええやんけ!
ええやんけ!(大事なことなので2回言いました)
公式ギャラリーページを見て頂けると何かわちゃわちゃGIFっているのが窺えると思いますが、戦闘シーンにおいては本当に文章を読み進める度に画面が動く動く。すごい。1クリック毎に目まぐるしく画面が動くのに合わせて効果音を鳴らし、音楽の大小さえも変えるのは正にスクリプト職人の技。正直ナメてました。小泉元首相でも「感動した!よく頑張った!」とスタンディングオベーションするレベル。いや~DeepOneは最初からデキる奴だと思ってたんですよ。

しかもBGMも高クオリティ。戦闘BGMとか超自分好み。めっちゃサントラ欲しい。公式HPによるとオーケストラ収録してるらしい。すごいよオーケストラ収録だよ。普通エロゲでオーケストラ収録しますかって話。小泉元首相でも「感動した!よく頑張った!」とスタンディングオベーションするレベル。いや~DeepOneは最初からデキる奴だと思ってたんですよ。

システム面もフローチャート付きで不自由ないし、本項目においては文句なしのS評価。
Kanonを切っ掛けにエロゲ界に入門した自分ですが、ゲーム性のあるエロゲ(ランスシリーズとかバルドシリーズとか)以外でS評価をつけたのは『君と彼女と彼女の恋。』に続いておめぇが二作目だ…(カカロット風)。


【総評】 A (あくまで作品のみの評価)
どうして売り方を間違えてしまったのか?(歯軋り)

結局は冒頭の話に戻るのですが、事前に1ルートであること・Hシーン4枠であること・次回作の構想があることを公表していれば炎上することもなかったし、価格暴落することもなかったし、エロゲー批評空間の中央値で60点を叩き出すこともなかったと思います。その場合、フルプライスだと二の足を踏むユーザが増えそうなのでミドルプライスが妥当だとは思いますが、それでも「1ルート・Hシーン4枠でもフルプライスの価値はある!」と自信をもって主張していたならば、少なくとも自分は気にせずフルプライスでも購入していたと断言できます。今回のようにユーザを騙す形で1万超えの金額を払わせた詐欺行為の…二度目は…ない…!

作品としては自分好みでしたので次回作も購入しますが、たぶん店側も懲りて予約分しか入荷しない気がするので事前予約しないと手に入らないと思います(名推理)。長々と語ってきましたが、厨ニエロゲが好きで、1ルート・Hシーン4枠を承知済み前提ならば普通に楽しめること請け合いの作品ですので、最後は布教の意味を込めて冒頭の言葉で締めたいと思います。

ロープライスなら神ゲーです。
プロフィール

みとす@ミトシィ

Author:みとす@ミトシィ
生後二年から様々なゲームを節操無くプレイし続けた結果、エロゲこそが至高という結論に至り、どこに出しても恥ずかしいエロゲマイスターとなった昭和生まれの社畜。ここ数年は提督と騎空士とマスターを兼業しているらしい。

Twitter
絶賛応援中
みなとカーニバル『和香様の座する世界』応援中! シルキーズプラス『缶詰少女ノ終末世界』 さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation- 応援中!! Evenicle Ⅱ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
巡回サイト
バナー
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!当サイトのバナーです。
(C)KADOKAWA/HOBIBOX/ blank-note
FC2カウンター